7月二度目の「古楽の楽しみ」~ヘンデル2015年07月26日 11時03分53秒

番組の事情で、今月の出番が2回になりました。明日から始まる2回目は、ヘンデルのオペラ特集としました。

27日(月)はロンドンでの出世作《リナルド》。〈涙の流れるままに〉というアリアが有名ですが、真の主人公は魔女のアルミーダかもしれません。演奏はホグウッドです。

28日(火)は《アリオダンテ》。イタリア・オペラですがスコットランドを舞台にしています。放送ですからバレエの場面を中心に編集しました。指揮はミンコフスキ。

29日(水)は《アルチーナ》。ヘンデルは魔女の造形を好みますが、アルミーダはエルサレムを包囲した十字軍に立ちはだかる魔女、アルチーナは《狂乱のオルランド》に出てくる魔女です。これにはアラン・カーティスの演奏を選びましたが、それは、バレエ音楽をきちんと収録しているから。ディドナートらの歌い手が、華麗な装飾唱法を展開しています。

30日(木)は《セルセ》(クセルクセス)を予定していたのですが、セルセのCD全曲盤が間に合わず、《ジューリオ・チェーザレ》(ジュリアス・シーザー)に変更しました。これは横綱級の作品で、名曲も満載。その中からシーザーのアリア3曲とクレオパトラのアリア3曲をつないで物語を進め、フィナーレで締めることにしました。演奏はミンコフスキ。メゾのコジェナーが、クレオパトラをみごとに歌っています。最後はあえて時間を残し、ショル歌うところの〈オンブラ・マイ・フ〉(《セルセ》冒頭曲)を押し込みました。

華麗奔放なヘンデルのオペラはやはり第一級の音楽ですが、今回気づいたことが1つあります。それは、ヘンデルの特有のよどみない旋律の魅力が、絶妙のリズムの裏付けで作り出されているということです。たとえば〈牧場の花も〉という、チェーザレのアリアがありますよね。順次進行の単純な音並びが、拍節のダイナミズムと密着したリズムの効果で、魅惑の旋律へと大化けしています。やはりリズムが、音楽の根源であるようです。

短くするコツ2015年07月23日 23時41分30秒

書ける材料が10あり、与えられたスペースが1であるとしましょう。その「1」に理想があるとすれば、それは、読む人が「1を以て10を知る」ことができるように書くことです。そんな理想は誰も実現できませんが、少しでも近づこうとする努力は可能だと思います。

実生活と同じで、無駄を省くことは、思っている以上にできるものです。よくしゃべる人の話を聞きながら、内容の割に話が長い、と思うことってありますよね。しかし用意した下書きには、レトリックを含めて自分の思い入れがありますから、短くすることは困難。短縮は、いわば自分との戦いです。

内容の重複を避けること、形容詞の無駄遣いをしないことは、基本中の基本。「このことを書くのに、どうしたら最短コースで書けるか」を詰めて考えることで、もう相当、短くなります。短くなるということは、内容が薄まることではなく、むしろ密度が高くなるだと考えて取り組むのがいいでしょう。

しかし、結論だけが残る、という骸骨のような短縮はいけません。論証、説明はどうしても必要ですし、個人的な感想の記述も、よき潤いとなる可能性があります。そこにバランスを取るのが、一番むずかしいことかもしれません。

短縮は、一度にはできません。一晩寝かせて翌日取り組むと、その間に「諦念」が生じて、思い入れのある部分を、すっと諦めることができるものです。自分としては書きたいが、読者にとっての必要は二次的、と気がついて観念するからです。短い文章で要点を把握することは読む方にとってのプラスですから、短縮作業は、価値観をもって取り組めるはずのことです。

文章に流れが必要であることは、長い文章でも短い文章でも同じです。箇条書きのようになると、読む楽しさが失われてしまう。よく論文の要旨に、この論文は何々について書いたものである、ということしか書かない人がおられますが、これは大きな間違いです。要旨は、プロセスから結論までを、極力短縮したものでなくてはなりません。字数が少ないからとあきらめずに取り組むことで、短縮技術は向上するはずです。

どう短くするか2015年07月21日 22時24分23秒

原稿を書く仕事でつねに直面するのが、「どう短くするか」という課題です。新聞批評などの場合、あれこれ書こうとするとかならず長くなりますから、それをどう縮約するかに苦心しています。勉強中の若い方も、このコツを会得しておく方がよろしいでしょう。条件を超過して長くなっていては、応募した原稿の採用もままなりません。

『モーストリー・クラシック』の宗教音楽特集号に「受難について」「バッハの《ヨハネ受難曲》」「バッハの《マタイ受難曲》」という3つの原稿を書きました。その字数が、2400、1200、1200。少ないですが、最近は字数絶対厳守を心がけていますので、下書きを短くすることに力を注ぎました。

一方、日本ピアノ教育連盟からは、3月にさせていただいたモーツァルト/ピアノ協奏曲に関する講演を、『紀要』用に文章化することを依頼されていました。枚数自由という申し出に甘えて、用意した原稿のうち時間が足りずに話せなかった部分を入れ、日本モーツァルト協会講演のためにバージョンアップした部分も加えることにしたところ、完成稿は18,000字に達しました。

しかしその仕事をしている時点で、連盟の発行している『Klavier Post』という会報のために7,000字の短縮版を並行して依頼されていることを、うっかりしていたのです。さて、楽譜別で18,000字の原稿を、楽譜込みで7,000字の原稿にどう集約するか。

今回これがとても困難だったのは、3月の講演の内容が「モーツァルトのピアノ協奏曲創作を年代順に見ていく」という、本来講演のテーマにしてはいけない、大きなものであったからです。編曲を含めてピアノ協奏曲は30曲ありますから、個別曲に割けるのは18,000字だと600字以内、7,000字だと楽譜もあるので200字以内。これでは一口解説になってしまいます。

ではどうするか。学生さんを想定して、短縮のコツをまとめてみましょう。(続く)

失敗も勉強?2015年07月19日 20時22分45秒

いつもいつもこうした話題ではマンネリだと思うわけですが、「水戸黄門」と同じでそれが喜ばれるのだ、という声もなぜかある次第なので、失敗談をご報告します。

18日(土)の午前は、「たのくら」の例会。「悲しすぎるオペラ」(ディドとエネアス)の2回目です。早朝に目覚めてしまう利で準備は余裕で済ませ、タクシーを呼びました。自宅から会場まで、これが一番効率的なのです。

到着したタクシーに乗ろうとして、忘れ物に気づきました。スマホです。今日は一日外出、スマホは欠かせないと考えて、タクシーを待たせ、取りに戻りました。すみません、お待たせしました、というわけで、出発。

名所「さくら通り」を5分近く走ったところで、忘れ物に気づきました。今日配るレジュメを、プリンタのところに置いてきてしまったのです。このまま行ってレジュメなしでやるか、遅れを覚悟で戻るか迷ったのですが、やはりせっかく作ったレジュメはあったほうがいいと判断し、運転手さんにお願いして、Uターン。快く戻ってくださいました。

すみません、お待たせしました、というわけで、ふたたび出発。恐縮する私に、運転手さんの口から、信じられない言葉が。何と言ったかわかりますか。「二度あることは三度あると言いますよ!」と。返す言葉、なし。ともあれ、遅れますと会員にメールを打ち、幸いにも、2~3分の遅れで到着しました。

会長さんが心配そうに待っておられたのは、メールが読まれていなかったから。満員の会員を前に私は汗を拭きながら、事情を説明しました。すると、「三度目の正直、という言葉もありますよ」とおっしゃる方あり。たしかに、この2つのことわざの矛盾は、よく話題とされます。

そこで考えてみました。「三度目の正直」は、より良い目的に向かって行われた行為が残念ながら失敗し、ようやくの成功を期待させる言葉。「二度あることは三度ある」というのは、災いだの失敗だのがもう一度やってくるぞ、という警告。まったく違う意味合いの言葉で、この場合あてはまるのは、明らかに後者です。

「たのくら」はたいてい、その月のCD特選盤の紹介から始まります。私は今月の特選盤(まだ非公開)がいかにすばらしいかをとうとうと語り、時間をつないで、さあかけようとしたら・・・CDが入っていない(汗)。前日聴いたまま、プレーヤーに残してきてしまったようです。三度目が実現し、話のオチはつかないわ、皆様は残念がるわで、頭を下げっぱなしの例会になってしまいました。

さすがに災いは四度はなく、夕方の山本徹さんの無伴奏チェロ組曲は、彼の実力と人柄で、とても気持ちの良いコンサートとなりました。しかし、失敗も勉強だと思っているのにつねに同じようなことが起こるということは、もうそれが私の人格だ、ということなのかもしれませんね。

復帰しました2015年07月17日 22時15分47秒

昨日(木)の國學院大學の授業から、仕事に復帰しました。でも調子は、まだダメでしたね。風邪の症状はもうほとんどないのですが、もらった薬はもう少し飲んでおこうということで、続けています。でもそうすると、弛緩してしまって、気力が出ない。身体に力が入りません。

授業の後、床屋に寄りました。居眠りするのはいつものことですが、昨日は前後不覚に熟睡してしまい、起きるのがやっと。ふらふら戻ってきて床に入ると、これまた寝てしまい、気持ちよく起きられまぜん。夕方の話です。

午後に寝ると起きられないが、夜寝るとすぐ目が覚める、というのは、どう考えても、時差の名残ですよね。今回は本当に、時差の解消に失敗しました。対策を考えないと、これから行かれない、ということになりかねません。

今日は、新百合ヶ丘総合病院で、1年半ぶりに、PET検診を受けました。患者扱いのいい親切な病院でゆったりと受診でき、体調も、ほぼ自信がもてるところまで来ました。休んで家にいてもせっせと仕事、というわけにいかないのが、こうした時。新たな遅れを生み出しましたが、単なる空白とは考えないようにしようと思っています。

15日(水)朝日休みます2015年07月14日 17時57分02秒

カルチャーから受講生の方にはご案内があるはずですが、15日(水)朝日カルチャーセンター新宿校のワーグナー講座とバッハ講座、お休みさせていただきます。風邪はかなり回復してきましたが、まだ本調子ではなく、16日(木)から復帰することにしました。ご都合をつけてくださっていた方々、申し訳ありません。

ついにパンク2015年07月12日 18時42分30秒

こういう毎日でいつまで身体がもつか、と思っていましたが、もちませんでした。

金曜日の夜に、風邪の兆候を感じました。土曜日の朝になるとはっきりしてきていて、体調下降が鮮明に。週末は中新田バッハホールに出かけ、土曜日がレセプション、日曜日がシンポジウム。ともあれ、レセプションは休ませていただき、日曜日のシンポジウムを日帰りすることにしました。

しかし日曜日の朝も熱があり、身体が動きません。そこで発言の原稿だけお送りし、シンポジウムは欠席しました。今月一番大事な仕事だと言っていたのに、とんだ結果となり、先方にはたいへんなご迷惑をおかけしてしまいました。

よくこれだけ寝られるなと思うほどこんこんと寝て、まだ熱はありますが、少し上向きになってきたところです。こういうスケジュールがいつまでも続くはずがないことは目に見えていたので、仕事の範囲を見直さなくてはなりません。無気力に寝ている状態だと、こういうお仕事はもうやめようか、こういう依頼はお断りしようか、というアイデアが出やすくなります。

貢献率という数字を考えてみました。いただく仕事は全部ありがたいのですが、専門性などの観点から私がとくにお役に立てるものと、そうでもないものがあります。後者は少なくとも広げないようにしよう、と考えました。仕事の貢献率を、トータルで高めたいと思います。

夢と現実2015年07月09日 07時03分53秒

6月20日に帰国したというのに、時差がいまだに治りません。今日こそ寝られると思って寝ても、2時間ぐらいで、ぱちっと目が覚めてしまう。起きても能率良く仕事ができるわけではないですから、たいへん困ります。当然仕事に遅れが生じ、まだ、6月中にやるべきだったことに取り組んでいる状態。それがさらに遅れつつあるという循環なので、いつ取り返せるかわかりません。

何か、対処の仕方があるはずです。ある人によれば、日本に帰ってきてまずゆっくり寝るべきだった、そうしなかったから尾を引いているのだ、とのこと。どうなんでしょうね。

時差と夢に関係があるのではないか、という気もしてきました。ライプツィヒでひどい夢を見たというお話はしましたが、おとといの夜に、内容は違うがやはりたいへん不快で重い夢を見ました。妙に後に残ったものですから、積極策か慎重策かで迷っていたある仕事を、慎重策で対処することに。占い師じゃあるまいし、とも思いますが・・・。

今日の夢は、存じ上げてはいるが親しくはないある目上の方と、お話ししている夢でした。悪い夢というのではないが、なぜ見るのか、とても不思議な夢。夢と現実は、どういう関係にあるんでしょうね。夢こそ真実で現実が虚構だ、という考え方を、昔読んだことを思い出しました。『浜松中納言物語』についてだったと思います。

7月のイベント2015年07月06日 23時22分14秒

今頃すみません。今月特記すべきイベントは、12日(日)宮城県加美町の「中新田バッハホール」で催される、「音楽のまちづくりシンポジウム」かもしれません。13:00からオルガンの演奏で始まり、アイゼナハのバッハハウス館長、イェルク・ハンゼン氏の祝辞、茂木健一郎さんの講演などがあり、私が14:50~16:30のパネルディスカッションを主宰します。パネリストはハンゼン氏、バッハホール管弦楽団音楽監督の金澤茂さん。バッハの音楽の魅力を語り、地域の音楽文化振興の可能性を論じるような形にもってゆくつもりです。

もうひとつは、朝日カルチャーセンター新宿校のレクチャー・コンサート第2回。プログラムはバッハ 無伴奏チェロ組曲の第1番、第3番で、若手というにはすでにあまりにも立派なバロック・チェロ奏者、山本徹さんが出演されます。18日(土)、16:00~17:30ですのでお見逃しなく。

あとは、継続の諸講座です。朝日カルチャー新宿のワーグナー講座、バッハ/リレー演奏講座はすでに1日(水)にありましたが、今月はもう2回、15日(水)、29日(水)にあります。10:00~12:00のワーグナー講座は《ニュルンベルクのマイスタージンガー》第3幕がテーマ。13:00~15:00のバッハ/リレー演奏講座のテーマは、15日が《コーヒー・カンタータ》、29日が《平均律第1巻》です。

18日(土)10:00~12:00は立川楽しいクラシックの会。「21世紀のパーセル《ディドとエネアス》~悲しすぎるオペラ」の第2回です。25日(土)の朝日カルチャー横浜校モーツァルト講座は、弦楽五重奏曲を取り上げます。ジャンルの総論+変ホ長調K.614の各論、で考えています。

以上、今月もよろしくお願いします。

今月の「古楽の楽しみ」(1)2015年07月04日 23時01分28秒

今月は、出演が2回あります。6日からがバッハのパルティータ、27日からがヘンデルのオペラです。直前になりましたが前者についてご案内します。これは、バッハの6曲のパルティータをピアノとチェンバロで、1人1曲限りとして聴いていこう、という企画です。

6日(月)。第1番変ロ長調BWV825はピリス(ピレシュ)のピアノ、第2番ハ短調BWV826はレオンハルトのチェンバロ。残った時間には、若手ピアニスト、イーゴリ・レヴィットによる第2番抜粋を充てました。

7日(火)。第3番イ短調BWV827は、シフ(ピアノ)の2007年ライヴ。初稿のメヌエットを、ベーリンガー(チェンバロ)で比較しました。第4番ニ長調BWV828は、シュタイアー(チェンバロ)です。

8日(水)。第4番の抜粋をピアノで、第5番をチェンバロで、と計画しましたが、第4番のフランス風序曲をそれらしく演奏しているピアニストはとても少ないことを発見。結局、ペライア2007を選びました。第5番ト長調BWV829はクリストフ・ルセ(チェンバロ)の、若い頃の録音で。

9日(木)。第6番ホ短調BWV830は、これが最高傑作、と断言しておられ、録音にも力が入っている渡邊順生さんのものを(チェンバロ)。ピアノによる抜粋にアンデルジェフスキを使い、残り時間を、最初期の作品《プレリュードとパルティータヘ長調》BWV833の紹介に充てました。これはロバート・ヒル(チェンバロ)の演奏です。

5人のピアニストと、6人のチェンバリストが登場します。いろいろな演奏を聴くことで、パルティータの世界の広さを実感しようという趣向です。やっぱり、6曲ともいい曲ですね~。ベートーヴェンの交響曲と逆で、規模からすると偶数番が優勢、しかし奇数番もまことに捨てがたい、と感じました。