《冬の旅》!2014年12月16日 07時13分27秒

27日の《冬の旅》のために、解説と字幕を用意しなくてはなりません。「自筆譜稿による」なとど謳っていますから、研究が先決。このところ寸暇を惜しんでそれに取り組み、解説と対訳を完成しました。

自分で訳してみてはじめて実感できる、この作品のすごさです。なるほどそうか、こうつながるのか、と思えるところが、自分なりにずいぶんあり、目下、《冬の旅》に夢中。その成果(?)は当日を楽しみにしていただきますが、解説のワン・パラグラフだけ、引用しておきます。

「《冬の旅》は、詩も音楽も、考え得るかぎりの厳しい世界を展開する。だが確かなことは、主人公の旅は逃避でも自暴自棄でも狂気でもなく、明確な目的意識をもって頭を高く上げた者の意志的な選択であり、自己に課した修練だ、ということである。そこにあるのは妥協のない生への意志であり、死への願望は否定されてゆく。ミュラー=シューベルトは、生への意志が突き詰めて問われるのはぬくぬくした環境においてではなく、厳しい孤独においてなのだと主張している。」

梅津時比古さん(東京書籍)と三宅幸夫さん(春秋社)の《冬の旅》研究書に多くを学ばせていただきましたが、渡辺美奈子さんの博士論文(東北大学)『ヴィルヘルム・ミュラーの詩作と生涯~『冬の旅』を中心に』もじつに立派なお仕事で、勉強になりました。興味のある方にお薦めします。

正念場です2014年12月12日 08時29分32秒

久しぶりにお会いした方によく、「以前よりお忙しそうですね」と言われます。その都度、「そういう気はたしかにしますが、専任の仕事がなくなっているのだから物理的にそのはずはなく、年齢もあって、そう思えるのでしょう」とお答えしています。

しかし、掛け値なしの山場が、師走にやってきました。いまが山場、という方はたくさんいらっしゃるに違いないですが、私も21日の日曜日まではとんでもなく仕事が詰まっていて、乗り越えられるかどうか、不安が先に立ちます。

授業、カルチャー、市民講座、講演、放送録音、コンサートとゲネプロ、解説原稿、字幕作成、新聞原稿、会議、などなどの間に、忘年会が1つ。1日家にいられるのは今日だけなので、今日どこまでがんばれるかが正念場です。

気合いを入れるためにこの文章を書きました。後悔をする仕事だけは、したくないと思います。

【翌朝の付記】激励をいただき、恐縮です。私はThunderbird(メーラー)でToDoを管理しているのですが、昨日の段階で上記期間にやるべきことが14あり、うち2つを昨日済ませ、一覧から抹消しました。ところが今朝起きてみたら、残りのうち11が、一覧から消えているではありませんか。もちろん完了ではなく、項目の消失です。不適切な操作をしたのかもしれませんが、不思議なことがあるもの。いま、手作業で復旧したところです。今日もがんばります!

重厚な研究2014年12月11日 08時41分27秒

今年出版された音楽書の中からとびきりのものとして、後藤暢子さんの『山田耕筰――作るのではなく生む』(ミネルヴァ書房)をご紹介します。

後藤さんは人も知る耕筰研究家で、『山田耕筰作品全集』(春秋社)、『山田耕筰著作全集』(岩波)といった大きなお仕事を主導して来られました。その蓄積をもとにしてのみなし得た評伝が、今回のものです。待望のお仕事だと思います。

山田の生涯と業績、作品と人柄、努力と理想、成功と挫折が、ここでは高い密度で、無駄なく著述されています。力みも誇張もないセンテンスの背後に、その数倍の研究が蓄積されていることが透けて見える。ノンフィクションの系列とは異なる、研究の結実です。

山田耕筰の音楽家としての大きさと重要性、また山田研究を通して見えてくる日本文化史の広がりに照らして、読み継がれていって欲しい本です。


《フィガロの結婚》終わりました2014年12月08日 02時11分49秒

いずみホールのモーツァルト年間企画、今年のクライマックスである歌劇《フィガロの結婚》の公演が終わりました(12月6日)。全力投球してくれたみなさん、ありがとう。終演後、舞台裏に駆けつけて撮った写真をまずごらんください。


私の隣、左から3番目が、指揮者として格段の進境を示された、河原忠之さん。その愛のある指揮のもと、みんながんばりました。オペラ用にはできていないいずみホールの空間をみごとに使い、お得意のイタリア語に分け入って理に適った舞台を作り出されたのが、演出の粟國淳さんです(前列中央右)。私もずいぶん勉強になりました。


主役の方々。東からも西からも、所属にかかわらず適役をお呼びできるのが、ホールのいいところだと思っています。しかも、初顔合わせが多かったとか。左から、抜きんでた貫禄だった黒田博さん(伯爵)、ほとんど完成の域と思うほど見事だった石橋栄実さん(スザンナ)、美と気品並びなかった澤畑恵美さん(伯爵夫人)、伸びやかに新風を吹きこんだお二人、向野由美子さん(ケルビーノ)と西尾岳史さん(フィガロ)。なかなかない顔ぶれだったと思います。

やっぱり、オペラはいいですね!いずみホールならではの公演様式を目指して、続けていきたいと思います。

年末の朝はカンタータで2014年12月05日 09時52分20秒

ここ3日ほどたいへん忙しく、その中に神経を使う仕事が含まれていたものですから、コメントのレスポンスが遅れて失礼しました。ほっとしたところで、今月の「古楽の楽しみ」のご案内です。

ちょうどクリスマスにかかる時期に回ってきましたので、バッハのカンタータを、オルガン曲と組み合わせて特集しました。年末の朝には、ふさわしいのではないかと思います。おりおりカンタータを出していますが、まだ全体の3分の1しかやっておりません。全曲演奏がいかにたいへんか、わかりますね。

22日(月)は、教会暦の終わり、11月に初演されたカンタータから、テノール独唱用の第55番《私はみじめな人間》と、かつて最後のカンタータと考えられていた第116番《平和の君、イエス・キリストよ》。演奏は55がゲンツ+クイケン、116がガーディナー2000。その間に、コラール・パルティータ《おお神よ、汝義なる神よ》BWV767を、レオンハルトの演奏ではさみました。

23日(火)は、オルガンのファンタジーハ短調BWV562で開始し、大作の第70番《目を覚ませ、祈れ!》(11月21日初演)を中央に置いて、一番有名なコラール・パルティータ《ようこそ、慈悲深いイエスよ》BWV768を締めに。演奏はカンタータがガーディナー2000、オルガンが小糸恵。小糸さん、本当にすばらしいですね。

24日(水)は、クリスマス特集。クリスマス第1日のための第110番《われらの口を笑いで満たし》から開始し、オルガン・コラール《高き天から》を2曲(BWV700、701)をはさんで、クリスマス第2日用の第121番《キリストをいざ誉め讃えよう》を聴きます。演奏は110がバッハ・コレギウム・ジャパン、オルガンがハーラルト・フォーゲル、121がヘレヴェッヘです。

25日(木)がクリスマスですが、放送では年末までを先取りします。《オルガン小曲集》のクリスマス・コラール3曲を枕に、クリスマス第3日のための第133番《私はあなたにあって喜び》、コラールをさらに3曲はさんで、クリスマス後の日曜日用の第152番《信仰の道を歩め》というプログラム。演奏は133がレーシンク、オルガン・コラールがプレストン、152がコープマンです。

お楽しみいただければ幸いです。

須坂のクリスマス・コンサート2014年12月02日 09時48分26秒

「すざかバッハの会」恒例のクリスマス・コンサートをご案内します。今年は12月21日(日)の14:00から、須坂駅前シルキー・ホールで開催します。最初に私が、《ヨハネ受難曲》連続講座の締めくくりを行いますので、音出しは14:45ぐらいになるかと思います。

題して、「俊秀アーチストの贈る 麗しき古楽――ルネサンスからバッハまで」。ごの時期に、すばらしい出演者が登場してくださいます。「歴女」として人気のハーピスト、西山まりえさんと、日本を代表するテノール歌手、櫻田亮さんです。今年も塩嶋達美さんに、トラヴェルソをお願いしました。

プログラム第1部は、まず「ルネサンス・ハープの奏でるいにしえの響き」。並んでいる楽しい小品の中に、レオナルド・ダ・ヴィンチの曲がありますね。どんな曲なのでしょうか。

第1部後半は櫻田さんお得意のイタリア古典歌曲で、カッチーニ、フレスコバルディ、モンテヴェルディの作品が、ハープ伴奏で披露されます。最初はもちろん、〈アマリリ麗し〉です。

プログラム第2部はバッハ。ます、チェンバロの名手でもある西山さんの演奏で、トッカータホ短調。次に《クリスマス・オラトリオ》とカンタータ第147番のテノール・アリアをチェンバロ伴奏(+トラヴェルソ)で聴き、最後が第147番のコラール〈イエスは変わらざる私の喜び〉です。櫻田さんの指揮で、合唱団員を多く含む会員の有志が歌います。

近くに温泉もありますので、遠くからの方もお出かけください。お待ちしています。

12月のイベント2014年11月29日 06時33分37秒

師走が迫ってきました。立て込んだ予定の中から、公開のものをご案内いたします。

12月2日(火)は恒例となった東京バロック・スコラーズのコンサート(14日14:00、大田区民ホール)とのカップリング講演を、19:00から国立オリンピック記念青少年総合センターで行います。詳細は団のホームページをどうぞ(http://misawa-de-bach.com/modules/bulletin/index.php?storytopic=3)。題して「バッハのクリスマス」。演奏曲目の《マニフィカト》、《クリスマス・オラトリオ》を紹介しながら、クリスマスをめぐるふくらみのあるお話をしようと思い、準備しています。カップリング講演会の売りは指揮者・三澤洋史さんとの対談コーナーなので、お楽しみください。

3日(水)と17日(水)が、朝日カルチャーセンター新宿校です。10:00~12:00のワーグナー講座は、《トリスタンとイゾルデ》の第1幕。13:00~15:00のバッハ講座は、リレー演奏シリーズの第5回と第6回。第5回はカンタータ第147番、第6回は《クリスマス・オラトリオ》が対象で、第147番は既存の映像を中心に、入手したばかりのマグダレーナ・コンソートの新盤をご紹介します。

6日(土)は14:00から、いずみホールのモーツァルト・シリーズ《フィガロの結婚》。東西よりすぐりの歌い手により、粟國 淳さん演出のホール・オペラとして上演します。お見逃しなく。詳細はホールのHPをどうぞ(http://www.izumihall.co.jp/)。

9日(火)から、ICU大学院の授業が始まります。切り札の《ヨハネ受難曲》を題材にしますが、学生のニーズとどうかみ合わせられるか、考えているところです。あ、これは非公開ですね。

20日(土)は、10:00~12:00が立川の「楽しいクラシックの会」例会で、今月はワーグナー《パルジファル》の第1幕その2。「不気味な礼拝」と題しました。14:00~16:30はお茶の水のクリスチャン・センターに移り、モーツァルティアン・フェラインの講演。先日出したちくま学芸文庫の新しい部分を取り出して、音楽を聴きながらお話ししようと思います。

21日(日)の「すざかバッハの会」はコンサートになりますので、別途ご案内いたします。ではよろしくお願いします。

年末は、ぜひ《冬の旅》で!2014年11月26日 23時33分16秒

京都に、田中純さんという、すばらしいバリトン歌手がいます。いずみホールには何度かご出演していただき、その美声と音楽性に惚れ込んでいたのですが、ぜひ首都圏の方々にもお聴きいただきたく、《冬の旅》のコンサートを企画しました。12月27日(土)、サントリーホール・ブルーローズです。チラシに、次のような文章を書きました。

「長年コンサートライフにかかわっていると、この人の芸術をぜひ知らしめたい、という音楽家に出会うものです。バリトンの田中純さんは、そんな大切な人の一人。ノーブルな美声と明晰な発音で歌われる田中さんの歌には夢があり、青春があり、品格があります。バッハ、歌曲、また歌謡曲--私は田中さんの歌に、いつも感動をもって耳を傾けてきました。
 そんな田中さんの《冬の旅》を、年末にサントリーホール・ブルーローズで聴こうというのが、今回の企画です。シューベルト時代のフォルテピアノを名手、渡邊順生さんに弾いていただき、シューベルトの本来の構想がはっきりわかる自筆譜稿を使い、作品の精通者、梅津時比古さんと対談し、オリジナルの字幕を用意し・・・と、話は一味違うコンサートを目指して、とんとんと進みました。一同全力投球しますので、ぜひ覗いてくださるよう、お願いします。」

14:00開場、14:30からプレトークを行い、演奏開始は15:00の予定。今年はぜひ《冬の旅》の余韻と共に除夜の鐘をお聞きください。しばらく前に顔合わせをしましたが、試演のつもりがどんどん盛り上がり、お薦めする確信がもてました。前売り券4000円ですが、コメントで応募していただければ、3500円で当日精算させていただきます。なにとぞよろしくお願いします。





そのアツさたるや・・2014年11月25日 08時23分24秒

話題になっていることと思いますが、新国立劇場の合唱指揮を務めておられる三澤洋史さんが、すごい本を出されました。題して『オペラ座のお仕事』、早川書房からです。

外からは窺うべくもない音楽創造の裏話が、ものすごいエネルギーと情熱を伴って、しかも人をうならせる洞察力をもって、ぐいぐいと展開されていきます。奔放で流れるような文章も、音楽と同じ。すばらしい頭脳をお持ちなのですね。

どの章もこの上なく面白く、一気に読んでしまいそうですが、そのアツさが並々でないので、一休みせざるを得ない。ときどき私のことを「アツい人」と評する方がおられ、半信半疑で受け止めていましたが、全然レベルが違います。さわると火傷をするような炎が、燃えさかっているのです。

外から見ているだけではわからないことをたくさん教えていただき、反省とともに読破しました。ぜひご一読ください。

今月のCD2014年11月23日 08時12分00秒

ハイドンの再評価が必要だなあ、とよく思う昨今。折しも鈴木秀美さん指揮するオーケストラ・リベラ・クラシカが、交響曲第67番ヘ長調の新譜を出しました(2013ライヴ、アルテ・デラルコ)。

67番と言ってあああの曲、と思われる方は少ないでしょう。もちろん私もダメです。すなわちワン・オブ・ゼム(ハイドンの場合、このゼムが多い)ということになると思いますが、鳴らしたとたんに流れ出た音楽の個性と生命力に、びっくりしました。明るく、人なつこく、ユーモラス。こんな風に演奏できるのはさすがに鈴木秀美さんで、ハイドンの真髄を突いていると思います。

同CD次に入っているのが、佐藤俊介さんをソロにしたモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第1番。一般に、ほとんど注目されない作品だと思います。それが、じつに面白い。「後からの目」から見るとどうしても第1番は「まだまだ」と考えてしまいますが、「(歴史の)前からの目」で見ると、この創意はさすがだ、ということになる。その、古楽ならではの「前の目」で、第1番の魅力が解き明かされています。クリエイティブな演奏と言えば、その一語です。最後に納められたベートーヴェンの第4交響曲は、もちろんいいですけど、演奏として、まだ先があるように思いました。

競争相手はいろいろありましたが、新聞では、コンチェルト・ケルンがカルミニョーラをソロに迎えたバッハのヴァイオリン協奏曲集(アルヒーフ)に言及しました。芯のぴしりと通った演奏が心地よかったので。