こういう歌を聴きたかった2016年05月25日 08時40分41秒

新国の《ローエングリン》、良かったですね(23日、月)。12年のプレミエは見なかったので今回初めてですが、タイトルロールを歌ったクラウス・フローリアン・フォークト、まさに、ワーグナーの歌唱史を塗り替える人だと思います。

ワーグナーはなんでもかんでも大声で、というのは違う!と思い続けて来ましたが(楽譜を見れば、いかに弱音指定が多いかわかります)、通念は抜きがたく、展開されるのはほとんど、声量争いのステージです。しかるにフォークトはメザヴォーチェを随所に駆使して、幅広く、柔軟に歌う。「わがいとしの白鳥よ」のレガートの、きれいなこと。

勇気がなければ、できない歌い方です。会場全体を突き抜ける声量を一方でもっているからこそ、できるわけですね。でもこういうワーグナーを、私は聴きたいと思っていました。今度はタンホイザーだとか。まだまだ円熟するでしょうから、楽しみです。

ティーレマンの《魔弾の射手》に出ていた隠者が印象的で、若いのに貫禄のある人がいるものだなと思っていたら、その人(アンドレアス・バウアー)が国王で出ていました。外国勢も日本勢もたいへんな顔ぶれで、合唱がまたすばらしい。演出(シュテークマン)は、第2幕の空間の使い方が良かったと思います。

解説書に載っている日本での上演史を読むと、飯守泰次郎さんによる今回の《ローエングリン》(全5回!)は、突出したものであるとみてよさそうです。新国の貢献と言っていいでしょう。

モチベーションがあると・・2016年05月22日 22時40分28秒

よく申し上げるように、最近は準備を、早手回しにするようになりました。かつて常套手段だったのは、急がなくては間に合わない、という形に自分を追いこみ、それで能率を上げる、というやり方。でもそれだと、がんばれずに時間切れ、という危険が大きくなってきたのです。

とはいえ、仕事が続いていて、準備しようにもできないこともある。「よろめきつつ・・」という前話を書いた直後に、それが起こりました。

20日(金)、NHKを2本収録して帰宅。理論的には、もうそれで疲れてしまって・・となるはずなのですが、あいにく、土曜日の準備が完成していませんでした。「たのくら」および、埼玉の教会有志の方々による「ルターとバッハ」研究会の準備です。前者の《魔弾の射手》も、後者のカンタータ第38番も人前でレクチャーしたことがない。とくに後者は、訳の作成から分析、福音書との関係まできちんと調べようと志し、半ばで中断されていました。

まずウェーバー、次にバッハという順序で、夜中の2時まで、準備に没頭。がんばれたということは、モチベーションが高かったということですよね。調べ出すとつい欲が出て、翌朝も2時間、準備に費やしました。

まず、「たのくら」へ。いつもの終了後の会食はあきらめ、移動の途中で軽くラーメンでも食べることにして、学習館を後に。その後20分ほどして、片付け終了後三々五々帰宅される皆さんとすれ違いました。そうなったのは、私がふたたび学習館に向かっていたからです。試奏用に持参したピアニカを忘れてしまい、取りに戻らざるを得ませんでした。

パソコンにピアニカが加わると、荷物が重い。結局お昼抜きのまま、北与野の新生教会に、ぎりぎりに到着しました。入ってみると、とてもいい環境。オルガンから視聴覚まで設備の整った、勉強には理想的な教会なのです。パソコンも、ちゃんとしつらえられていました。そういえば、WindowsかMacかと訊かれました・・(泣)。

司会者挨拶、賛美歌、お祈りと進んで、私の出番です。しかも祭壇でお話しすることになり、罪悪感が倍増。話し始めて、たくさん資料を収集して持ち込んだのはむしろ誤りで、整理と方向付けをしっかりしておくべきだったと気づきました。もう間に合いません。

でも皆さん、温かいのですね・・。私が信者であることを疑う方はおひとりもなく、親密に、同僚扱いをしてくださるのです。「詐称」は、ぜったいしていないつもりですが。私の本をテキストとしてカンタータの研究会をやっておられるオルガニストの方もおられ、これには恐縮しました。秋にもお約束していますので、もっとしっかりやります。

その夜は、疲れすぎてかえって目が冴える、という状況に遭遇しました。一方、モチベーションがあるとまだできる、という自信も。こういう緊張が、大切なのかもしれません。かえって、停滞感を打ち破れたようです。

よろめきつつ2016年05月19日 05時42分46秒

10歳歳取って、どうなるかと思いつつ5月に踏み出しましたが、やっぱり影響ありますね・・。

疲れるようになった。外で仕事をして帰ってくると、それからまたというわけにいかなくなりました。夜は、メールを書く気も起こりません。面倒なことでも調べたり片付けたりということができるのは、どうやら朝だけ。「効率のいい」1日をフル回転で過ごしたりすると、てきめんに後に来ます。

まあ、こういう中でやっていくしかないと思うので、工夫してみます。夜はもう疲れているという状況はコンサートにいい影響を及ぼしませんが、伊藤(尾池)亜美さんのヴァイオリン・リサイタルには、元気をもらいました。この方は早晩、スターの地位を確立することでしょう。カリスマ性抜群ですから。

オペラの新演出には概して腰が引けてしまう私ですが、朝日カルチャーの講座で使ったロイヤル・オペラ2013年の《パルジファル》(アントニオ・パッパーノ指揮、スティーヴン・ラングリッジ演出)のすばらしさには、鳥肌の立つ思いでした。

ブックレットにあった演出ノートを訳していき、皆さんと鑑賞。向き合ってみると、テキストの細部までしっかり研究されているばかりか、演出家(と指揮者)の強力な采配で、高度な一体感のある、白熱の舞台が展開されているのです。

デノケ(クンドリー)、フィンリー(アムフォルタス)、オニール(パルジファル)、パーペ(グルネマンツ)といった主役陣も、役柄と作品に分け入って、みごと。哲学者のような存在感をクリングゾルに与えるウィラード・ホワイト、衰えた今だからからこそのティトゥレルを歌える、ロバート・ロイド。脇役に至るまで、考え抜かれた配役です。

新しいものにしっかり向き合うことが必要だという、当たり前のことを認識しました。これがあるうちは、前進できますかね。

辛味のランチ2016年05月14日 07時51分11秒

仕事の合間にランチを食べる機会が多いのは、新宿西口と渋谷。ますます辛党が進行しているので、その観点から、あちこちのお店を試食しています。

いま大のお気に入りなのが、新宿西口、ヨドバシカメラの少し先にある山陰炉端「かば」の、「イカ醤油漬け丼」(800円)。鳥取のイカ醤油漬けがどっさりのわさびと共に、ご飯に乗っています。一度食べて涙ながらに(笑)取り憑かれ、行くたびに、このメニューです。

お店は、ごくごく庶民的な飲み屋さん。でも私の知人のうち高級感のある方お二人をお連れしてお墨付きをいただきましたので、広くお薦めします。ネットで見ると歌舞伎町にも支店があるようですが、西口が本店です。

【付記】29日(日)にすざかバッハの会があるのを忘れていました。イベント欄に追加します。

今月の「古楽の楽しみ」2016年05月07日 07時56分56秒

ご案内しましたように、今月はバッハのヴァイオリン協奏曲特集です。有名曲ながら第1番、第2番ともにまだ取り上げたことがなく、周辺曲と併せて特集することにしました。ポリシーは、全部ヴァイオリニストを変えること、21世紀の新しい録音で揃えることです。

9日(月)は、3曲のオリジナルをまずご紹介します。
第1番イ短調:ユリア・フィッシャー+アカデミー
第2番ホ長調:ミュレヤンス+フライブルク・バロック・オーケストラ
2つのヴァイオリン用ニ短調:平崎真弓+カルミニョーラ+コンチェルト・ケルン
余った時間に、第1番のフィナーレをオルガン独奏(ボッカッチョ)で聴きました。これがたいへん面白く、時間調整ができて、変化もつけられる。結局、3度にわたって使いました。

10日(火)は、チェンバロ協奏曲から復元されたヴァイオリン協奏曲。
イ長調BWV1055:イブラギモヴァ+アルカンジェロ
ト短調(復元の調性)BWV1056:ポッジャー+ブレコン・バロック
ニ短調BWV1052:ミドリ・ザイラー+ベルリン古楽アカデミー
2つのヴァイオリン用BWV1043のフィナーレ:ボッカッチョのオルガン(弾けるものですねえ)

11日(水)は復元された作品を、複数のソロ用を中心に。
ニ長調BWV1053:ムローヴァ+ダントーネ
3つのヴァイオリン用ニ長調BWV1064:サッソ+インシエーメ・ストルメンターレ・ディ・ローマ(ソロは3つのヴァイオリンですが、合奏の側でオーボエとファゴットが活躍するように復元されており、新鮮です)
オーボエとヴァイオリン用ハ短調BWV1060:カフェ・ツィンマーマン

12日(木)は他楽器のソロが入るコンチェルト。
フルート、ヴァイオリン、チェンバロ用イ短調BWV1044:テル・リンデン+アリオン・バロック・オーケストラ
第2番BWV1042の第1楽章:ボッカッチョのオルガン
ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調:ベルナルディーニ+バット
同第5番ニ長調の第2楽章:同

活気のある、リズミカルな作品がたくさん。元気な朝をお届けします!

5月のイベント2016年05月06日 07時42分44秒

皆様、どんな連休を過ごされましたか。私は、4月の多忙で大混乱になっていた部屋を整えることに時間を使いました。予定の少ない連休に気がゆるみ、思ったほど能率が上がりませんでした。

さて、今月です。さっそく9日から「古楽の楽しみ」であることに気づきましたが、これは次話でくわしく。今月はバッハのヴァイオリン協奏曲特集です。

早稲田エクステンションセンター中野校の《ロ短調ミサ曲》講座、12日、19日(木)の15:00~17:00です。〈ニカイア信条〉以降が残っています。

朝日カルチャーは18日(水)が新宿校。ワーグナー講座(10:00~12:00)は《パルジファル》第3幕の第3回。バッハ・リレー演奏講座(13:00~15:00)はトリオ・ソナタ第2番、第5番です。6曲のトリオ・ソナタは、いま一番好きなオルガン曲です。横浜校は28日(土、13:00~15:00)。モーツァルト講座が、交響曲に入ります。今月は、ウィーン時代に至る成長を俯瞰します。

21日(土)は「たのくら」例会(立川、10:00~12:00)。オペラ・シリーズ、今回はウェーバー《魔弾の射手》です。その日は午後埼玉県の「教会音楽講習会」で、「ルターのコラールに基づくバッハのカンタータ」という話をします。カンタータ第38番を中心にする予定です。

【追加】
29日(日)の14:00~16:30、すざかバッハの会例会があります。ワーグナー企画/《ワルキューレ》その1(全2回)です。基本偶数月なのですが、来月ドイツに行きますので、今月に繰り上がりました。どうぞよろしく。

古稀になりまして2016年05月02日 05時59分08秒

毎年5月に入ると、歳が一つ増えます。でも今年は、一挙に10歳増えたような実感があります。なぜなら大台に乗って、(あまり口にしたくはないが)「古稀」という段階に達したからです。

最大の慨嘆は、50歳になったときにありました。しかし「60歳よりまし」と思って乗り越えました。60歳の衝撃はそれほどではなく、「70歳よりまし」という思いが、より大きな励みになりました。今回は、「80歳よりまし」という思いが、決定的な励みとなっております。

60歳の時に思ったのは、70歳になったら人生の罪滅ぼしに般若心経でも書き写しているのではないか、ということでした。そう申し上げたところ、「たのくら」の大先輩が「そんなことは絶対あり得ない」とおっしゃったことを覚えています。先って自分にはわからないものですね。確かに、そうなっておりません(笑)。

40歳の時に大病をし、父の71歳を目標に生きよう、と思ってきました。相当近づきましたが、もうこの先は、目標を立てるような時間帯ではないことでしょう。できるだけ本質に集中して、恩返しになるような仕事をしたいと思います。

ギリシャ語が、あるところまで来ました。本当にやってよかったと思っています。しかし恐れていた通りのことが起こりました。ヘブライ語をやらないわけにはいかない、と思うに至ったのです。文字が同じように見えることに、途方に暮れているという段階ですが・・。

DuとSie2016年04月28日 08時57分37秒

「そんなことをしているのは、先進国では日本だけだ」とよく言われますね。そういう言葉を聞くと反射的に、すべて欧米並みになれば日本はよくなるのだろうか、という思いが湧きます。失ってはならない良さも、いろいろあるはずですから。

たとえば、敬語。多種多様な敬語をきれいに使いこなすのは一生かかってもむずかしいことで、外国人には大きなハードルに違いありません。でも、"I"にも"you"にもたくさんの語彙がある日本語は、すばらしいと思います。

翻訳では、それが難題を投げかけます。敬語らしい敬語のない文章に、敬語や丁寧語を種々盛り込んで、日本人の感覚に合わせていく必要があるからです。こういう状況が、日本人の細やかな感受性を培ってきたことは間違いありません。

ドイツ語には2つの二人称系列(DuとSie)がありますよね。二人称の本筋はDuで、Sieは三人称複数からの代用ですが、初級でDuを教えないやり方もあるようです。でもDuの感覚はきわめて重要ですから、後回しにするのは、本当はよくないはずです。

よく、神様にもDuでいいんですか、と尋ねられます。Duは身内への砕けた言い方、Sieは丁寧な言い方、という風に、どうしても覚えてしまうからです。しかし多くの方がご存じのように、Duは親称。心の近くにいる神様にSieを使ったのでは、祈りになりません。

Sieで話していたドイツ人と親しくなり、Duで話す(duzen)ようチェンジする瞬間が訪れます。これは結構、神経を使うことです。

何年前だったでしょうか、一つの思い出があります。記憶に間違いがなければ大阪のお寿司屋で、クリストフ・ヴォルフ先生とお話ししていました。もちろんSieでです。すると先生が突然居ずまいを正され、「礒山さん、提案があります」と切り出されました。「これからDuで話しましょう」とおっしゃるのです。もちろんありがたいこととお受けし、乾杯しました。その折の先生の高揚した面持ちが、強く印象に残っています。以来、「タダシ」「クリストフ」と呼び合っているわけですが、ああこれがドイツのよき伝統なんだな、と思ったことでした。

3月に福島でアンサンブルコンテストの審査員を務めたことをお話ししましたね。その折りにご一緒したのが、タリス・スコラーズのピーター・フィリップスさんでした。ドイツ語で話せたらありがたいなと思ってもちかけたところ、OK、何でもない、とのこと。さっそくSieモードになった私ですが、意外にもフィリップスさんはDuで話しかけてこられ、大いに面食らいました。

最近は、初めからDuでも当たり前になっているのだと思います。それだけに、ヴォルフ先生の「儀式」に接したのが、ありがたくも貴重な思い出です。

夜の新番組2016年04月26日 15時01分51秒

4月から、テレビの番組がかなり変わりました。見とれていた方がいなくなったのは残念(!)ですが、新しい楽しみも生まれてきます。

フジテレビの深夜ニュースにチャンネルを合わせたら、がらりと雰囲気の変わったスタジオが目に飛び込んできました。え、これ報道番組?と思うように柔らかな、憩いの雰囲気。キャスターの女性はまったく知らない人でしたが、この方が、すてきなのですね(汗)。

市川紗椰というモデルさんだとか。ツルッと美しい人はたくさんいますが、この方は表情が豊かで陰影があり、個性的です。ギターとヴァイオリンがお上手のようです。

日本語が聞きにくいときがありますが、頭のいい方らしく、当意即妙に、しっかりしたコメントをされます。よくこんな人を見つけてきたなあ、と思ってネットで番組を検索したら(「ユアタイム」)、視聴率が取れず批判が集中。これにはびっくりしました。

わかったのは、本来ホストに川上某さんが予定されていて、スキャンダルの結果、市川さんの片肺飛行になっていること。なるほど、それなら番組の雰囲気も、ペアの選択もよく理解できます。でも今の形で正解でしょう。慣れたら、とてもいい番組になると思います。

ついでに、キャリア詐称の件について私見を。同情される方もおられますが、私は絶対いけないと思います。このところ、書類審査をすることが多いですが、人事や助成にかかわる、大事な仕事です。これは書類を正しいとして行うわけで、本当かどうかをチェックするすべはないし、ほとんどの方が正直に書いてくださっています。適当でいいじゃないか、となったら、たいへんなことになります。

今月のCD2016年04月22日 09時26分59秒

今月のCD選、すでに紙上に出まして、taiseiさんのコメントが入りました。そこで、経緯をご説明したいと思います。

今月手元に寄せられた新譜は数が少なく、いいものも最近、あるいは何度か取り上げたアーチストのもの。そこで、たくさん集めている古楽の新録音から、いいものを紹介するチャンスだと考えました。

できれば《ロ短調ミサ曲》をと思い、ガーディナー、ラーデマンの2015年録音を候補に考えました。ガーディナーの新録音は本サイトのコメントで教えていただいていましたが、手に入れたのは最近です。

《ロ短調ミサ曲》ほどの曲ですから、名演奏はたくさんあります。しかし、決定盤が出るとすれば、それはガーディナーの新録音にちないない、と私は考えていました。「偉大な作曲家たち」という伝記映像の中でも、モンテヴェルディ合唱団の歌っている《ロ短調ミサ曲》はすごいですから。

ところがいざ鳴らしてみて、「えっ、これ、どうしたの?」と思ったのですね。精彩に欠ける印象で、合唱にも緩みがあります(バスが飛び出たりする)。録音にも問題がありそうだが、私の耳もおかしいかな、と思って、翌日聴き直してみました。しかし感想変わらず。そのまた翌日も、そう思いました。

一方の、ラーデマン。これはドレスデン筆写譜(パート譜)に基づく新校訂版使用(ライジンガーによるカールス版)を売りにしており、DVDには、パート譜の美麗な画像が収録されています。スコアとの有名な相違は、〈ドミネ・デウス〉の二重唱がスコアではフルートが2本ユニゾン(神人一体の象徴)であるのに対し、パート譜ではソロ。しかも逆付点リズム使用が示唆されています。

この二重唱にフルート・ソロを採用し、逆付点で吹かせている演奏は、ままあります。しかし新盤では声楽も逆付点で歌っていて、なんとノリのよいこと。〈クォーニアム〉のはつらつ狩猟モードがその延長線上にあり、厳粛な宗教音楽の枠を超えています。

では〈グローリア〉だけが売りかというと、その先がいい。曲ごとに集中力が高まってきて、じつに立派です。そこで、こちらを推薦しようと決心しました。

ラーデマンは日本でまだ知られていませんが、ドレスデン室内合唱団とともにシュッツの合唱作品全曲を初録音した実力者です。彼がゲヒンゲン聖歌隊とフライブルク・バロック・オーケストラを指揮した《ロ短調ミサ曲》は、まさに、昨年の「ライプツィヒ・バッハ音楽祭」のトリを摂ったもの。私は聴きませんでしたが、すばらしかったと聞いています。

新旧交代という言葉がちらりと頭をよぎりますが、どうなんでしょうか。