今月の「古楽の楽しみ」~バッハの新録音紹介2016年12月04日 23時43分34秒

11月は《ブロッケス受難曲》をいうマニアックなものをやりましたので、12月は思い切り楽しんでいただく企画にしたいと思い、バッハの新録音紹介コーナーとしました。すでに採り上げた作品で、その後いい演奏が出たものを中心に選びました。すべて2010年代です。

12日(月)は《ゴルトベルク変奏曲》。新録音が次々と出るという意味では、ダントツではないでしょうか。前半をマハン・エスファハニのチェンバロ、後半をシャオ=メイのピアノで、キセル構成しました。

13日(火)は、無伴奏ヴァイオリン曲。朝カルの結果はご報告しましたよね。番組では、ソナタ第1番:クリスティーネ・ブッシュ、シャコンヌ:アマンティーヌ・ベイエ、パルティータ第3番:エンリコ・オノフリと並べました。

14日(水)はいろいろ。無伴奏チェロ組曲の第1番:デイヴィッド・ワトソン(バロックチェロ)、ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第3番:市瀬礼子+武久源造、フランス組曲第2番全曲と第5番ガヴォット:マレイ・ペライア。

15日(木)は、カンタータから、ザンクト=ガレンバッハ財団のシリーズで第13番。後半は《フーガの技法》抜粋を、フォン・プロムニッツのオルガンと、レイチェル・ポッジャー+ブレコン・バロックで。

いいもの、面白いものがこのように出てくるのがバッハであり、古楽です。ぜひお楽しみいただければと思います。

12月のイベント2016年11月30日 21時28分10秒

12月のご案内をしようとGoogleカレンダーを眺めていましたら、あることに気づき、にわかに不安になってきました。

安井耕一さんのご出演による朝日カルチャー新宿のレクチャーコンサートが、どこにもないのです。12月だと思っていましたが、11月だったような気もする。だとすると、もう終わっています。よく見ると、「たのくら」も、12月はないようなのです。そんなはずはありませんから、ある言葉が頭をよぎり、動悸が激しくなりました。

ともあれ、ご案内を。12月6日からICUの冬学期が始まり、3大学併走の状態になります。宗教音楽のメッセージ解釈を、聖書の翻訳という問題をからめてやることにしましたので、取ってくれる人がいるかどうか。準備もたいへんそうです。

7日と21日(水)13:00~15:00は、朝日新宿のバッハ講座。《マタイ受難曲》第2部・新録音の演奏比較を、CDを入れ替えて行います。

10日(土)14:00~16:30は、モーツァルト・フェラインで講演。「1888年~頂点の年を追う」と題して行います。駆け足になりそう。

12日からの週は「古楽の楽しみ」ですが、別途ご案内します。バッハの最新録音を、ずらりと並べました。16日(金)は、いずみホールのシューベルト特集「こころの奥へ」の3回目。若きエースにして哲人的音楽家、北村朋幹さんの出演で、《幻想ソナタ》をトリに置く、独創的なプログラムです。19:00から。ぜひ応援してください。詳細はいずみホールのHPで。

18日(日)は、須坂バッハの会のワーグナー・シリーズ、《ジークフリート》の第3幕です(14:00~16:30)。なんといっても《ジークフリート》は第3幕がすばらしいので、どうぞお楽しみに。

ということは17日(土)が空いていたわけですが・・・「たのくら」と安井耕一さんのコンサートは、いずれもこの日に入ってくることが判明しました。「たのくら」(立川市錦学習館、10:00~12:00)の内容はヴェルディの次のオペラとなります。うっかりしていたので、急いで決めてご連絡します。

上記は、ダブルブッキングではありません(きっぱり)。問題は、前日21:00までいずみホールにいて、この日10:00に立川にいるという課題を、どうやって解決するかだけです。

したがって17日の18:30~20:00に、尊敬する安井耕一さんと、音楽のロマンを語り合うコンサートが入ります。シューベルト、メンデルスゾーン、シューマン、ブラームス、リストと並んだ曲目に、ロマンがいっぱいの格調高いピアノ演奏が聴けるはずです。こちらもぜひよろしくお願いします。

24日(土)は、懇親会で意気上がる朝日カルチャー横浜のモーツァルト講座。今回からピアノ協奏曲に入ります。ウィーン時代を採り上げるので、まずはその前史です。13:00~15:00。

28日(水)13:00~15:00は、朝日カルチャー新宿校のモーツァルト講座です。これは私の講座ではなく、海老澤先生に始まってリレーされてきたモーツァルト講座の最終回に出演するのです。タイトルはそのものずばり、「モーツァルト 最後の四年」としました。これが今年の仕事納めです。

何かをお気づきの方、いらっしゃると思います。どうぞご連絡ください。

今月のCD2016年11月29日 09時16分36秒

新聞でやっている紹介の締め切りはたいてい月の中旬に来るのですが、その時期はまさに、新譜が五月雨式に送られてくるさなかです。今月は全体の数が多かったっため、五月雨現象も顕著でした。

締め切りぎりぎりに届いたのが、ファジル・サイによるモーツァルトのピアノ・ソナタ全集(エイベックス)。モーツァルテウムで録音した6枚組(6000円)で、ハ長調作品はこの1枚、というように、調性別に編集されています。

最初にヘ長調K.533を聴きましたが、これには「雲の上」と愛称が付けられていて(全部の曲にそれがある)、爽やか、鮮やか。何曲か聴いた段階で、それまでの第1候補を下ろし、これを選ぶことに決めました。「すべてのソナタがサイの愛を注がれてきらめくさまは壮観で、まるで18人の子供が、童心いっぱいに戯れているかのよう」(引用)。

ただ、楽譜通りには弾かれていません。強弱とアーティキュレーションが、かなり自由です(グールドの影響?)。しかしそれも含めて、申し分なくモーツァルト的と感じます。

ピアノでは、ペライアのグラモフォン移籍第一弾、バッハ《フランス組曲》がさすがです。慈しみのバッハ、円熟の極み。これは来月の「古楽の楽しみ」で紹介しますね。メジューエワさんもいい新譜を積み重ねておられますが、ショパンの《ノクターン全集》(若林工房)は心に染みました。

ある懇親会の記録2016年11月27日 18時05分04秒

26日の土曜日、朝日カルチャーセンター横浜校の講座の後、初めての懇親会を開きました。

横浜の講座には、長く通われていらっしゃる方、熱心な方がたくさんおられます。ですので、そんな機会も必要だなあ、とかねてから思っていました。折良く、私とお話ししたい、とおっしゃる方がおられ、じゃあ懇親会をやりましょうか、ということになり、それなら幹事を、と手を挙げる方が・・・という流れになって、昨日早くも実現したのです。

ところが、横浜駅周辺はどこも一杯のため、カラオケの一室(!)を借りて開催するとのこと。大いなる懸念とともに現場に向かいました。人数は、14人で縁起よし。高齢者中心の集団ですから、ぞろそろカラオケに入っていく時には、受付中の若い人たちが凍り付きました(気のせいかも)。

でもカラオケ開催が、とても良かったのです。なにしろ密室で静かですから、全員で共有して話ができる。電話一つで、ビールが来る。

お話ししてみると、皆さん、何かを求めて重みのある人生を過ごしてこられた達人さんばかりなのですね。モーツァルトを熱愛する方、聴き重ねて来られた方はもちろん、小説を書く方もあれば、高校の大先輩もいらっしゃる。こういう皆さんに聴講していただいているのであれば、ベストの上にもベストを尽くさなければならないと思いました。次回からピアノ・コンチェルトに入りますが、交流が生まれましたから、きっといい講座になると思います。


何もそこまでと思うほど皆さん喜んでくださり、本当にやってよかったと思いました。楽しい時間でした。・・・と書きますと、われわれのところはやってないぞ、というお話になりますよね。少しずつ、やっていきたいと思っています。よろしくお願いします。

知られざる神品2016年11月26日 00時29分26秒

体力勝負になった1日を終えて、珍しくシャンパンを開けました。ブログを開くと、てづかさんのコメントを発見。最初に、nun komm der heiden heilandとあるではないですか。いやでも今日の出来事を思い出さずにはいられませんでしたが、それはそれとしまして。

言及されていた霊元天皇、恥ずかしながら、まったく知りませんでした。ネット検索で、実在の人物であると確認するほど無知でした。また教えてください。

最近テレビがつまらないなあと思うようになってきて、Eテレの伝統芸能に、珍しくチャンネルを合わせてみました。すると、武原はんという人の『雪』という地唄舞をやっていて、これが神品のように美しいのです。感動もの。知らなかったの?と言われそうですが、知りませんでした。

このようにものを知らない私ですが、確信するのは、伝統芸能の得がたい価値です。これを絶対絶やすまい、と思います。月曜日に今藤政太郎先生の作品発表会に接して思っていたことを、いま再確認しました。グローバリゼーションの時代に、多くの名人芸が顧みられなくなっているであろう状況を想像し、心が痛みます。

文字通り、日常のこと2016年11月25日 00時51分54秒

皆さん、寒波と雪は大丈夫でしたか。テレビに、留萌の港が移りました。現地の人はさぞたいへんでしょうが、私は寒さが好きなので、旅情も感じてしまいます。

今週が、今月のクライマックスでした。週の前半は3連続コンサートで、たいへん感動的なものも。この件は、別メディアで書くことにします。

専門的に緊張を要する2つの仕事も終え、時計の針が日にちをまたぐ頃金曜日の準備が終わって、ようやく今週を乗り越えるメドがつきました。金曜日(すでに今日)は、3つの仕事掛け持ちしており、準備が遅れていたのです。

午前中は、國學院大學で、モーツァルトの《ドン・ジョヴァンニ》。先週から話に入りましたが、学生は興味津々のようなので、彼らがどう受け止めるか、私の考えをぶつけてみます。午後、「古楽の楽しみ」を2本録音し、夜は府中の合唱団と、バッハのモテットを勉強します。パウロ書簡にも少し近づきましたから、これも楽しみです。

必然的に多くなる外食。タイ料理の頻度がますます増してきました。おいしいお店があちこちにあるのですね。明日も2回外食します。鋭意、発掘してみたいと思います。

これもご縁?2016年11月17日 09時40分39秒

昨日、新宿で《マタイ受難曲》の聴き比べを終え、タワーレコードに寄って、放送や講義で使うCDを集めていました。

バッハのコーナーにいると、声をかけてきた方がおられます。上品な紳士の方。はっきり見覚えがありますが、どなただったかを思い出せないまま、親しくお話ししました。

するとその方が、「事典はもうないでしょうね」とおっしゃいます。ここは本屋さんではないし、何のことだろうと思ったのですが、そういえばそんな話をしたことがあるような気がしてきました。そこで失礼とは思ったのですが、どこでお会いしたか、尋ねてみました。

すると、上尾の教会、とのこと。今月、お話に伺ったところです。そこでようやく気づいたのは、その際に『バッハ事典』を手に入れる方法はないでしょうかという質問をいただいて、家に残部がないかどうか確かめてみますと申し上げ、連絡先までいただいていたことでした。

これはいけなかったと、私は恐縮。調べてご連絡しますと再度申し上げ、連絡先をもう一度書きましょうかとおっしゃるのを辞退して、家に帰ってきました。

これが、再度の失態。たくさんのCDや書類に紛れて、いただいた連絡先が、今のところみつからないのです。もしここをご覧になっておられましたら、ハンドルネームで構いませんのでコメントをいただくか(アドレス記入欄があります)、吉田さんにアドレスを聞いてメールしていただけると幸いです。

この出来事を通じて、自分は同じことをあちこちでしているのではないか、という気が濃厚にしてきました。頼んだのにそれっきりになった、連絡をくれるといっていたのに音沙汰がない、と思っておられる方がたくさんありそうです。

過去に積み重なった失礼はフォローしきれないでしょうが、ダブルブッキング同様、これからは起こらないようにしたいと思います。そのためには、お問い合わせ、ご相談、ご依頼などはメールでいただく、というのが第一。「口頭」はうっかりしたらそれきりですし、電話も同様。手紙形式は、開くのにも、返事するのにも時間がかかります。もう一つ、けっして遠慮なく、ご確認いただくこと。これをお願いしておきます。

ついでに。いま日々の仕事に加えて研究に多大の時間を取られており、興味も義理もあるコンサートに、なかなか行かれない状況です。ですので、コンサートへのお誘いは、間接的な形にとどめていただけるとありがたいです(メールでお断りするのはとても辛いものがあります)。CDは少しずつ聴くようにはしていますが、感想を聞かせてください、となると、対応できないことが多いです。すみません。

タワーレコードでの出来事は、「ご縁があれば再会する」という最近の実感の、一例でもあると思います。

つきまとう言葉2016年11月15日 23時07分48秒

その人その人に、つきまとう言葉というものがありますね。自分は何だろう、と思ってみると、いやな言葉が浮かんできました。多くの人が私に重ねている言葉は、きっと「ダブルブッキング」です。違いますか(笑)。

もちろん、ダブルブッキングをしないように、私なりに努力している。それでも人様に迷惑をかけてしまう、という連鎖の中で、今回のことは起こりました。

朝日カルチャーは横浜と新宿にお邪魔していて、ときどき、犠牲になっていただいています。最近、立川にも伺うようになりました。駅ビルですから至近距離、もっとも便利な仕事場です。

名曲の演奏比較を、いろいろやってみようということになり、土曜日で空いている日を探したところ、3月11日がいい、と決まりました。来年の話です。

対象を《ゴルトベルク変奏曲》に決め、チラシを作成するやりとりをし、プロフィールも、新しいものに直しました。あとは、その日を待つだけです。

ところがふとメールを見返しているとき、スケジュールにこそ書かれていないが、その日は同じ立川で「たのくら」の例会と錦まつりコンサートをすることになっている、と気づいたのですね。わーーーーっ!と思って、担当の方に「まだ間に合いますか」と連絡したところ、すでに印刷中です、というお返事。平謝りで、別の選択肢を挙げてもらいました。平日になってしまうのは、もう仕方ありません。

ところが今日、別の事実が判明しました。11日の土曜日はたしかに当初候補にしたが、出演者の都合で、12日の日曜日に変更した、というのです。メールを見直すと、確かにそう。私は大いに喜び、立川朝日の方に、「大逆転!」と題するメールを打ちました。私を担当される方は、きっと安らぎのない人生を送られるのですよね。申し訳ありません。

さて、ダブルブッキングというのは、普通、同じ日に二重の予定を入れていることをいいますよね。では、一つの予定を二つの日に入れたらどうでしょう。それもダブルブッキングではありませんか?

今日はサントリーの会議が予定されていましたので、家での仕事を打ち切り、出がけに念のため、予定を確認しました。私、手堅いのです。そうしたら、その予定は参加者の都合で11月に延期になったことが判明したのです。空いた時間を私がありがたく活用したことは、言うまでもありません。

もう汚名から逃れようとは思いません。かかわりのある皆様、くれぐれも確認をお願いいたします。

勉強は嘘をつかない2016年11月11日 00時38分19秒

taiseiさん、久美さん、ご感想ありがとうございました。マニアックすぎるかな、と気にしていましたが、こういう情報発信も大切と思うことができました。もうさっそく、来月のための録音です。今度は演奏に焦点を当てていろいろご紹介しますので、ご期待ください。

いまCDの選考をしていますが、今月は年末で量がとても多い上にいいものが多く、難渋しています。しかも、最後に届いたセットものが本命視される内容なので、もう少し時間が必要です。というわけで、今年の学会は現役の人たちにおまかせすることにしました。ごめんなさい。

小野光子さんは国音に学ばれた方ですが、続けておられた武満研究がすばらしい本になりましたね。『武満徹--ある作曲家の肖像』(音楽之友社)です。あらゆる細部に目配りしつつ、信頼性の高い記述が、いい文章で展開されています。勉強は嘘をつかないと、つくづく思います。

〔付記〕深夜こう書いて寝ましたら、美学のゼミについていけないでいる夢を見ました。授業をさぼっては置いていかれ、一応自信のあることに対しても、先輩が「君はこういうことには向いていないよ」というのですね。同傾向の夢は何度も見ています。

ジンクスは日々に2016年11月06日 21時54分26秒

4日(金)、大阪を往復。行きは新横浜から(若干早い)、帰りは東京へ(座って帰れる)というのが、最近の定番です。新横浜で少し時間が取れたので、下車してお店に入り、海鮮丼を注文。

ところが、なかなか出てこないのですね。食べ終わるまで20分を想定していたのですが、10分、15分と過ぎ、ついに20分経っても出てきません。仕方がないので、時間がないので帰ります、お金は払いますので、と言って千円札を出しました。

すると店員がうろたえ、相談している。そこで、注文が通っているかどうかだけ確認してください、と言ったところ、調べた結果は、通ってはいたが、作るのを忘れた、とのこと(笑)。もちろん千円札は引っ込め、走ってホームへ。昼食は駅弁に変更です。

初めにつまずくとその日はいい、というのが、皆さんご存じの私のジンクスです。その日もいい予感がありました。まずいずみホールで、スタッフと打ち合わせ。スタッフがすごく勉強する人たちなので、ディスカッションがいつも盛り上がります。支えてもらっています。

終了後、必要な本を物色しようと、梅田の紀伊國屋書店に寄りました。すると気がつきましたが、この本屋さん、私の本を丁寧に揃えてくれているのですね。感謝。気をよくして文芸書の棚に移動したところ、そう広くないスペースに、篠田節子さんの分厚い単行本が5種類も並んでいたのです。

そこで『冬の光』という15年の新刊を購入し、読み始めました。四国お遍路の出てくる宗教色は篠田さんらしいですが、これが圧倒的な迫力で、やめられない。新幹線、中央線と一心不乱に読みふけり、帰宅後も読み続けて、夜遅く読了しました。読後感爽快、10歳ぐらい若返った気分です。掘り下げた構想といい筆力といい、やはり第一級の作家だと確信します。

翌5日(土)。上尾の教会で、ルターのコラール《いざ来ませ、異邦人の救い主よ》とそのカンタータの話をする日です。電車はどこでもすぐ乗れ、立ち寄ったタイ料理も美味。迷うこともなく会場到着・・って、これはまずいんじゃないの!!

果たして、事前の資料のミスやDVDが映らずといった事態が起こりましたが、大過なく済み、とても熱心に聴講していただきました。

このブログを読んで来られたという近間の方もおられ、国音の卒業生も複数。最近つくづく思うのは、再会は自然に起こるものだ、ということです。別れもありますが、縁があれば必ず再会する。そう思うことで、肩の力がひとつ抜けました。