阪神の場合2016年07月21日 23時11分04秒

私は大阪に仕事をもっていますので、飲んだりすると、野球の話になります。見事なぐらい、皆さん、阪神ファン。入れ込むあまり采配批判になったりするのが、野球ファンというものですよね。

今年、金本政権が誕生したとき、ファン諸氏の喜びはたいへんなものでした。いよいよ待望の体制ができた、と。そんなに急にうまくいくかなあ、と私は懐疑的でしたが、果たして、結果が出ていませんね。

「野球ブログ村」を見に行くと、キャプテン鳥谷を外せ、という大合唱です。打撃不振、守備もかつての面影のない鳥谷を、連続イニング出場という目的のために起用し続けているのは納得できない、という趣旨のようです。たしかに鳥谷、元気ありませんね。打線が、彼で切れてしまいます。

鳥谷を外してはダメだというOBの声も強いということ。ですので、単に連続出場のためだけに監督が起用し続けているのかどうか、はっきりしたことはわかりません(金本監督も同様にしてその記録をとった、という指摘もあります)。私が阪神を応援するのは巨人戦だけですので、まあどちらでもいいのですが、コンサートに誰を起用するか、ソロを誰に振るか、といった音楽上のことに通じるので、どう処理されるか、興味があります。

私は野球なら野球の神様、音楽なら音楽の神様が喜ぶように考えるべきで、人間の都合を優先すべきではない、という意見です。ですので、負けているチームが代打代打でひとわたり選手を出してやる、という温情をかける高校野球の監督に、疑問を感じます(昔はその方がいいと思っていましたが、だんだん変わってきました)。スポーツの清々しさは、そういう温情とは無縁のところにあるように思いますが、違うでしょうか。

もちろん、どちらの選手が力があるかは、個人プレーだけでなく、連携能力とか、チームプレーへの適性とかで多様に判断されますよね。音楽も、それは同じです。でも、たかが音楽、人間を優先して考えよう、という発想は、幸せな結果を招かないように思えてなりません。

ドイツ2016淡々補遺(3)~窓際と通路側2016年07月14日 12時52分06秒

さて、座席の価値の問題です。列車の場合はどうでしょうか。多くの方が窓際を選ばれますよね。席がAB CDという4列の車両であれば、AとDが先に売り切れることを、自動販売機で確認しています。

ただ、ABC DEという5列の車両になると、Aの価値がかなり下がるようです。Dの人気が、相対的に高まる。Aが奥になり、出入りが不自由になるためでしょう。もちろん、最後まで埋まらないのはB席です。

飛行機が列車と異なるのは、出入りが格段に不自由で、通路側の人に立ってもらう必要が出てくることです。長距離の場合、座席を2.3回は離れることを想定しなくてはなりません。

国際線の飛行機は大きく、座席はエコノミーの場合、 AB CDEF GH という感じに並んでいますよね。自分一人の旅行であるとすれば、中央ならCかF(通路側)、と思う人が多いはずです。A対B、G対Hならどうでしょうか。この問いは、AB CDと配置されているビジネスクラスにも発生します。

私のチョイスは、絶対窓際なのです。外が見えるということもありますが、人と通路の間に挟まれているよりは、片側行き止まりの方が、心理的にゆっくりできます。欠点はサービスの時に遠くなることと、出入りのさい気兼ねすることでしょうか。しかし通路側になっても、気兼ねはそれほど変わらないことに気づきました。窓際の人がトイレに行きたいのではないか、という心配がつきまとうのです(私だけ?)。

もう歳でもありますので、最近はツアーの航空券を、自費でグレードアップしています。すると取ってくださるのは、通路側の席。そこで今回、「できれば窓際の方がいいんですけど」と申し上げてみました。すると、担当の方が驚かれ、通路側を希望される方が多い、7対3ぐらいだ、とおっしゃるではありませんか。そうなんですねえ。窓際の最大の問題は夜トイレに行くときですが(お隣がフラットの姿勢で寝ている)、なんとか股いで、事なきを得ました。

そこで、話が戻ります。仕事でどんどん国内便を使う方が、窓際ではかなわない、通路側が便利、と思っておられるとすると、ライプツィヒ~フランクフルト間の出来事に、違った解釈が可能になります。私の窓際指定席に陣取り、別の通路側席が空いていると指示した人は、よりよい席を提供したという意識をもっていた可能性があるからです。別の人が「あなたは窓際の席に座りたいのか、それなら私が・・」とただちに反応したことも、その流れで解釈できます。

いろいろ考えていると気の休まらない、空の旅ではあります(笑)。

ドイツ2016淡々(補遺2)~座席のお話2016年07月14日 12時07分56秒

「機内の出来事」については、ドイツからもご反響をいただきました。そこで書かなかったことについて、少々補いをしておきます。

別の席に座ってくれと見知らぬ人から言われて私が当惑した背景には、座席というものに対する、彼我の感覚の違いがあるのかもしれません。

遠距離列車に乗るとき、多くの方が、指定券を買われると思います。お金を出して権利を手にするわけです。しかし同時に、そこに座らなくてはならない、という義務感も発生する。ですから、車両と席を決して間違えないように、何度も切符を確認しつつ、探し当てます。座ってからもう一度確認するのも、いつものことです。

こういう日本人(私だけ?)の几帳面さが、ドイツ人の感覚とは違う、ということが、ひとつ考えられます。窓際の席に行かなくてはならないものだと思い込んでいた私が、あまり頓着しない発想で席替えを要求されたため、柔軟に対応できなかった、という考え方です。

ここで見逃せないのは、飛行機において、窓際の席と通路側の席ではどちらに価値があるか、という問題です。これは大きな問題なので(笑)、次話で考察しますね。

代わりに、列車の話題を一つ。ドイツの列車では、荷物を座席に置いて複数空間を占有する光景は、日常的です。4人掛けの席を独り占めする剛の者もいる。まあ空いている列車がほとんどなのでそれで成り立つとも言えますが、座らせてもらうのには勇気が要ります。というわけで、長く乗るときには座席指定を取るようにしています。自動販売機で簡単に取れますので。

日本の電車・列車は本当に混んでいますが、乗客のマナーはいいですね。世界一じゃないでしょうか。もちろん、個別的にはいろいろなことがあるでしょうが・・・。

営業努力2016年07月12日 06時48分34秒

10日の日曜日、家に帰って昼間の野球結果を確認すると、ロッテ・日本ハム戦がまだ継続中。さっそく、CSのチャンネルを合わせてみました。

引き分け寸前の12回裏、日ハムの攻撃。大谷が打たれて5対0になったのを4点返し、9回裏二死から田中の一発(!)で追いついて、延長戦になっている。打席には、この時点でホームラン24本のレアードが入っています。

まさかホームランはないよな、それじゃ話がうますぎる、と思っていたら、ものの見事にサヨナラホームラン。札幌ドームは爆発的に湧き、ファンの喜びがいつまでも続いていました。

この盛り上がりには、まこと、今昔の感があります。かつてパ・リーグはガラガラのスタンドで試合し、ドラフトでは巨人に入りたい、在京のセ・リーグがいい、という選手ばかりで、苦労を重ねていたからです。

それが今では、福岡と北海道に強いチームがあり、大勢の観客を集めている。実力もパ・リーグが上と、誰もが認めるようになったわけですよね。

しかし、昔があったから、今があるのだと思います。どうしたら窮状を乗り越えていけるかで、長期にわたる地道な営業努力があったのだと思う。与えられた状況と前向きに取り組み、知恵と努力で克服していくというのは、人間になしうるもっとも尊いことの一つだと、日頃から思っています。

負けたロッテの方も、伊東監督のもと、すばらしいチーム。ソフトバンクに迫って欲しいと思います。

ドイツ2016淡々(補遺)~機内の出来事2016年07月08日 09時52分50秒

ライプツィヒからの帰国便は、フランクフルトで乗り継ぎになります。その、フランクフルト行きの便で起こったことです。

小さい飛行機で、前の方は通路を挟んで3席ずつ。私は3Kの航空券をもっていました。窓際です。

1  A B C   H J K
2  A B C   H J K
3  A B C   H J K
4  A B C   H J K

機内に入ってみると、3Kには先客がいました。周囲を見わたすと、A、C、H、Kあたりが、中堅ビジネスマンのような男性で埋まっています。

私はいぶかしく思い、先客に「その席ですか」と尋ねてみました。するとその人は、「4Cに席がある、そこに座ってください」というではありませんか。えっと真意をいぶかり、立ち往生していると、4Kの人が、「あなたは窓際の席に座りたいのか、それなら私が代わりましょう」と言い出しました。

想定外の事態、しかも妙に上からものを言われるので、「事情がわかりません!」と動かずにいると、ややあって3Hの人が「じゃあ、いいよ」という感じで取りなし、3Kの人を移動させた。私が中に入って着席したところ、3Hの人は、「ありがとうVielen Dank」と言いました。え、なぜ「失礼しました」でなく「ありがとう」?

なんとも不可解な事態。もちろんこういうわけだからと説明されていれば、代わっても構わないのです。しかし理由もわからぬままだったので、後味が悪かった。仲裁した人に事情を聞こうかとよほど思いましたが、説明できることなら説明したはずだと思い直し、断念。ではどんなケースがありうるか、考えてみました。

飛行機は定刻の15:00を過ぎても飛ばず、15:20にお客が一人、挨拶しながら入ってきました。この人を待っていたのかと思いましたが、その後もいっこうに飛び立たない。何となく、訳ありの雰囲気です。

想像の1は、布陣していた男性たちが警察で、私の席にいたのが犯人、というもの。窓際に犯人を押し込めたと考えれば筋が通りますが、それなら犯人が私に、席を指示するはずはないでしょう。

想像の2は、男たちは出発後事を起こすべく布陣していて、私が邪魔になっている、というもの。その可能性は低いと思うが、当たっていたらたいへんです。

想像の3は、私の席にいた人が御曹司のような中心人物で、この席に座りたいと言いだし、周囲もそうせざるを得ない、というケース。でも座っていた人よりは仲裁した人の方が、偉いように見えましたね。

飛行機はなかなか離陸せず、いらいらしました。フランクフルト到着も、45分遅れ。事情の説明もとくになく、「乗り継ぎの方は係員にお尋ねください」程度のアナウンスでしたので、到着後、疾走する人が何人もいました。私は出国手続きがあるので並んだらアウトだと心配しましたが、無事通過。それにしても、あれは何だったんでしょうか。

今月の「古楽の楽しみ」2016年07月05日 23時23分35秒

 合唱コンクールに行くとじつに多いのが、〈グローリア〉による自由曲です。賛美のテキストが、現代でなおたくさん作曲され、歌われているんですね。バッハ周辺の探訪を兼ねて、今月は「ドレスデンのグローリア」という特集を組みました。

11日(月)
 グレゴリオ聖歌 キリエ&グローリア ソレム聖歌隊
 シュッツ リタニア ラーデマン指揮 ドレスデン室内合唱団
 ハスラー ミサ《ディクシト・マリーア》から ヘレヴェッヘ指揮
 ハイニヒェン ミサ曲第11番から、第12番から ラーデマン
  2つのオーボエのための協奏曲ホ短調 フィオリ・ムジカーリ 
(〈キリエ〉が先行してこその〈グローリア〉ですので、まず〈キリエ〉から出発しました。ちょうど、ソレム聖歌隊の全集を安く入手。これを使いました。シュッツはラーデマンの全集に含まれるもので、典礼グローリアではなく、リタニアです。偽作説もある曲ですが、美しさにうっとりしてしまいます。
 ハスラーはドレスデンで最後を飾った人ですが、ドレスデン・グローリアの盛期は、まさにバッハの時代。その先陣を切ったハイニヒェンのグローリア2曲と、器楽曲を最後に置きました。なかなかの曲で、バッハに似ているところがけっこうあります。)

12日(火)
 ロッティ 《聖クリストフォリのミサ曲》から パーマー
       《叡智のミサ曲》から ヘンゲルブロック
 ヘンデル トリオ・ソナタト短調、同ホ長調から アンサンブル・ディドロ
 (ハイニヒェン時代の花形は、ヴェネツィアからやってきたロッティでした。彼のミサ曲は、ゼレンカの編纂によってドレスデンに伝えられています。ヘンデルの作品は、ドレスデンの祝祭のために書かれたのではないかと推測されているもの。ヘンゲルブロック以外は最新録音です。)

13日(水)
 バッハ 《ロ短調ミサ曲》から ラーデマン
 (ドレスデン・パート譜によるラーデマンの演奏をご紹介し、残り時間に、自筆スコア版との比較を入れました。二重唱のスコア版はラーデマン盤の付録から、バス・アリアと最終合唱は、ガーディナーです。)

14日(木)
 ゼレンカ 《御子のミサ曲》から ベルニウス
       《父なる神のミサ曲》から〈ドミネ・フィリ〉 ベルニウス
 ナウマン ミサ曲第18番から コップ指揮 新ケルナー歌唱協会
 (締めはやっぱりゼレンカ。最後に、古典派のナウマンを加えました。)

6月のCD2016年07月04日 03時29分16秒

後追いになりましたが、先月のCDから目についたもののご紹介です。

私はバッハに入る前、ロマン派のスタンダード・ナンバーを、レコードを買っては聴いていました。その中にあったのが、オーマンディとフィラデルフィア管による、チャイコフスキー《白鳥の湖》の抜粋版でした。覚えるほど聴いたものです。

それをありありと思い出した新譜が、クリスティアン・ヤルヴィ指揮、グシュタード音楽祭管弦楽団による《白鳥の湖》組曲(ソニー、2,600円+税)です。売り出し中の指揮者、クリスチャン・ヤルヴィが開始したチャイコフスキー・プロジェクトの第2弾で、彼自身が編集・編曲を行っています。

いささか強引なダイジェストなのでバレエをやる方にはお薦めできないでしょうが、名旋律がことごとく網羅されていて起伏豊か。バレエの軽快な感覚が伝わってきて、楽しさ満点です。

もう《白鳥》は卒業したよ、という方もいらっしゃることでしょう。そうした方々には、同プロジェクト第1弾の劇音楽《雪娘》があります。あまり演奏されない初期作品ですが(歌も入る)、ロシア情緒に満ちており、ヤルヴィが意欲的に再現しています。

古楽ファンには、渡邊順生さんが新たに録音された「フレスコバルディ/フローベルガー・チェンバロ作品集」(ALM)をお薦めしましょう。深い作品理解で弾かれたフローベルガーの詠嘆が、日本人の心に染みてくるはずです。

7月のイベント2016年07月01日 07時44分41秒

少し旅の疲れが取れてきたかな、というところで、今月のご案内です。今月は、モーツァルト色が濃厚です。

2日(土)13:00~15:00 朝日カルチャーセンター横浜校のモーツァルト/交響曲講座。今月は《ハフナー》と《リンツ》について、曲の性格に分け入る形でご説明します。次が30日(土)で、《プラハ》(と第37番)がテーマになります。

6日、20日(水)10:00~12:00は朝日カルチャーセンター新宿校のワーグナー講座。時間をかけた《パルジファル》が終わり、残された《さまよえるオランダ人》を、オファーにより取り上げます。6日が総論、20日が序曲と第1幕です。

同じ6日、20日(水)の13:00~15:00は、同じ新宿校で、バッハのリレー演奏講座です。いろいろな曲を取り上げていましたが、その間に有名曲の新録音がいくつも出てきましたので、それらを特集します。今月は《ロ短調ミサ曲》で、ラーデマン、ガーディナー、ヘレヴェッヘを中心に取り上げます。

9日(土)10:30~12:30は、朝日カルチャーセンターの立川校(駅ビル内)で、モーツァルトの単発講座をやります。タイトルは「書き直される晩年」。新しい研究による通念の見直しを、要領よくまとめてお話ししたいと思っています。

16日(土)10:00~12:00は、「楽しいクラシックの会」(立川市錦学習館)のオペラ・シリーズで、ロッシーニ《セビリャの理髪師》第2回です。

23日(土)14:00~16:30は、日本モーツァルト愛好会で講演します。テーマは「モーツァルトはヘンデルから何を学んだか」。場所は芝公園の機械振興会館です。

「古楽の楽しみ」は11~14日です。あらためてご案内します。

ドイツ2016淡々(12)~その顛末2016年06月29日 22時11分42秒

安定感のある旅程を淡々とこなすに至った、私の旅。今日(24日、金)は15時に帰国便に乗りますが、まだ油断はできません。ライプツィヒ空港から相当離れたところにいますので、列車が遅れても間に合うよう、時間の余裕を持たなくてはならないからです。

早く起き、ヴォルフェンビュッテルを散歩。町並みも美しいが、その公園もまた美しく、すぐに足を伸ばせます。森、池、鴨の景観をどうぞ。また来たいです。




私は今回、とくに慎重な旅を心がけました。いつも、3つのものを持っているかどうか、確認していた。1にパスポート、2に財布、3にホテルの鍵です。清算を無事済ませ、ICで移動中ふと気がついたのは、そういえばコインロッカーの鍵、トランクの鍵はどこにあったかな、ということ。トランクの鍵はポケットに発見しましたが、コインロッカーの鍵が見つかりません。

記憶を呼び起こしてみると、鍵ではなく、紙片だったようです。その確認を、一度もしていませんでした。あっと思ったのは、荷造りした時に、取っておくものと必要ないものを分け、入場券の類を捨てたことです。その中にあったらたいへん。あわてて荷物の中を探しました。

なかなか見つかりませんでしたが、領収書群の中から発見。これにはほっとしましたね。列車ははたして1時間遅れましたが、余裕で到着。コインロッカーから荷物を引き出した達成感は、絶大でした。ただ、ライプツィヒからフランクフルト行きの飛行機も、45分遅れた。乗り継ぎ時間が短かっただけに、これには時計とにらめっこで心配しました。

フランクフルト空港のラウンジで最後の白ビールを飲み、リラックスして、帰国便に乗車しました。いい旅行だったなあ、という思いを噛みしめつつ。

「待ったあ、そんな旅行じゃ、全然面白くないじゃないの!!」・・・当然出ますよね、その声が。でもどうやら私、学習の果てに、安定感のある旅行を淡々とこなす人間になったようなのです。今までだったら、あいつと旅行にいったらどこに連れて行かれるかわからないよ、と言われても仕方ありませんでした。でもそういう方々とこそ、次回は一緒にご旅行したいと思います。安定感をもって、淡々とご案内いたしますから。

ドイツ2016淡々(11)~シュニットガー・オルガン2016年06月27日 21時16分16秒

ヴォルフェンビュッテルのホテルは、2日間予約しました。研究がどのぐらいかかるかはわからないし、どこに行くかも決められない、と思ったからです。しかし新しいホテルを探して移動するのもストレスですから、滞在を4日に延長。空白日(23日、木)の休暇も、ヴォルフェンビュッテルからの日帰りで企画することにしました。いったんブラウンシュヴァイクに出なくてはならないのが、いつも面倒ではあります。

ノルデンにもフーズムにも行きたいが、遠すぎる。そこで、ハンブルクに行き、シュターデに往復するプランに決定。ハンブルクは3度目かと思いますが、久しぶりです。記憶も定かではありません。町が大きく、活気がありますね。6月ですから明るいし、街行く人の洗練度は、おそらくドイツ随一。教会の尖塔が印象的です。


この左側が聖ヤコービ(ヤコブ)教会で、バッハが1720年にケーテンから、オルガニスト試験に赴いたところ。当然合格しましたが「寄進」を求められて拒絶し、赴任しなかったのはご承知の通りです。ここにあるアルプ・シュニットガーの名器を、バッハはさぞ自分の楽器としたかったことでしょう。3天使の像をあしらい、下に一連の福音書絵画を配したこの楽器は、見るからに貫禄十分です。


音を聴きたかったなあ、と思っていたら、毎週30分の入場無料コンサートが、なんと木曜日の16:00から。そこでシュターデ行きを取りやめて、聴きました。スヴェーリンクのエコー・ファンタジアから始まったコンサートは、演奏者が未熟で楽器の真価を発揮したとは言いがたく、残念でした。

いいオルガンをもつ教会は、どこでもオルガン週間を催します。この教会の今年は、「マティアス・ヴェックマン生誕400年」がテーマ。そうか、ヴェックマンが親しまれているわけですね。


港の方に少し行くと、バッハが伝説的な演奏を聴かせた聖カタリーナ教会があります。ただしここのオルガンは、戦争後に作られた新しい楽器です。


今度はハンブルクに滞在したいなあ、と思いつつ、好きなように遅れるICEに乗ってブラウンシュヴァイクにへ、さらにタクシーでヴォルフェンビュッテルへ。その中華が、ドイツ最後の夕食となりました。