時差再来2017年08月16日 00時30分03秒

8月も中日ですね。前半はイベントもほとんどなかったので、研究に集中できました。

で、少しは早く寝ようと思うわけですが、夜遅くなると、世界陸上の実況が始まるのです。面白くて、もう少し、もう少しとなることが毎晩でした。真逆の時差ですから、本当に見たい早朝の競技は見られませんでしたが・・・。

とはいえ、どの競技も、本当に面白いですね。平素見ないフィールド競技も手に汗を握りますし、五種競技、十種競技というのも、どんどん引き込まれてしまいます。しかもそれぞれに、魅力的な選手がいるのです。

400メートル・リレーは、そんなわけで、後から見ました。日本チーム、一人も9秒台がいないのに、がんばりましたね。イメージ爽やか、すばらしいです。

それにしても、アンカーをケンブリッジから藤光に入れ替えたコーチの決断、たいしたものだと思います。人気もあり記録もいいケンブリッジを外して、もし失敗すれば何を言われるかわかりませんから、よく勇気があったなあと、つくづく。専門家でなくてはわからない目があり、それが成功したということですよね。敬意を表します。

ただ、実況が、どの競技でもスターに焦点を当ててメリハリをつけていく形になっており、それが相当気になりました。スターが負けたこともニュースではあるでしょうが、やはり勝者に、しかるべく光を当ててほしいと思います。400メートル・リレーでは、日本チームの健闘やボルトの負傷はもちろん報道するとして、予想をくつがえして優勝したイギリス・チームについても、もっと知りたいと思いました。5000メートルも、ファラーの敗戦ばかりが話題にされていましたが、勝ったエチオピアの選手について、もっと報道があるべきだったと思います。

アンコール放送やります2017年08月12日 23時18分48秒

カンタータ・シリーズが終わったところですが、今月末に、アンコール放送があります。皆さん定期的にアンコール放送をされていると思いますが、私は新企画続きの巡り合わせになり、久しぶりです。

去年の企画からということで、ジャンル特集かバッハのモテット特集のどちらかと考え、ジャンル特集にしました。カンタータの次がモテットじゃ偏りますよね。ジャンルも、舞曲特集でシャコンヌをだいぶ出したばかりですが、気軽に聞いていただけると思います。

8月25日(月)がパッサカリア(とシャコンヌ)、26日(火)がトッカータ、27日(水)がフーガ、28日(木)がファンタジーの特集です。去年の6月に放送しました。どうぞよろしく。

そうそう、フェイスブックについてお詫びしておきます。三角の居酒屋「くや」さんにメッセージをお送りするため、いったんフェイスブックにエントリーしましたが、結局、何もしないまま退会しました。入るのは簡単でしたが、やめるのはとても面倒だということがわかりました。

そんなことですので、フェイスブックの楽しさとか、便利さは味わわないままでした。しかし、これ以上そこに時間は割けない、と判断しました。コンタクトしてくださる方もおられたのですが、お返事もせず、たいへん失礼しました。

レーナちゃんご紹介2017年08月09日 22時48分59秒

愛犬陸ちゃんが亡くなったのは、私がドイツに行って3日目のことでした。帰宅したときには埋葬も済んで、あるのは写真だけ。急に、家の中が寂しくなりました。

ふと連想したのは、バッハが領主のお供でカールスバートへ行き、戻ってみたら奥さんのマリーア・バーバラが亡くなって、埋葬も済んでいた、という話。もちろんバッハには知らせが届いていなかったわけで、深刻度はとても比べられませんが、ちょっと、心をよぎりました。

国立に住んで40年。いつも犬がいました。当然、「次」への関心が芽生えてきます。しかし陸ちゃんの最終段階がたいへんだったものですから、妻が反対。飼い主が病気になったらどうするのかと言われてみると、その危険は大いにあります。

しかし、そう言っている当人が一番「次」を欲しがっているのは、言葉の端はしからわかりました。お店にも見に行っているようです。

ほどなく届けられたのが、動画と名刺。動画には白いマルチーズがすばしこく飛び跳ねている映像が映っています。名刺を見ると生年月日があり、2017年3月21日とありました。

そう、バッハの誕生日に生まれた犬です。これはうちに来るべく生まれたんじゃないの、という話になり、たちまち、当家の一員に。今回ばかりは私のネーミングで、「レーナちゃん」とさせてもらいました。はい、メスです。謹んでご紹介申し上げます。


眠そうなのもひとつ。


どうぞよろしくお願いします<(_ _)>。

8月の「古楽の楽しみ」2017年08月04日 22時54分25秒

バッハのカンタータは結構やっているようですが、まだ半分に達していません。そこで今月は、「ヨハネ福音書とかかわるバッハのカンタータ」という特集を組みました。『ヨハネ福音書』をいま研究していますので、そのカンタータとの関係を調べてみたかった、という事情もあります。

「ヨハネ福音書とかかわる」ということの意味は、『ヨハネ福音書』の一節が朗読される礼拝で演奏されたバッハのカンタータ、という意味です。曲にもよりますが両者には密接な関係があり、直接の引用があることもしばしばです。「ヨハネとかかわる」曲は、案外やっていないこともわかりました。ほとんどの曲が初放送です。

7日(月):福音書第1章(ロゴス讃歌)とかかわるもの。第64番(ベルダー)、第132番(ルッツ)+第147番のアリアとコラール(ガーディナー旧盤。新盤にしようと思ったら、持ち込んだCDに傷がついていて、変更のやむなきに至りました)。

8日(火):福音書第2章(カナの婚礼)とかかわるもの。第155番(ガーディナー)、第3番(BCJ)、《オルガン小曲集》から8曲(椎名雄一郎の最新録音)。

9日(水):福音書第3章とかかわるもの:第129番(ルッツ)、第165番(ガーディナー)、第176番(ヘレヴェッヘ)、オルガン曲《ファッシュによるトリオ》BWV585からアレグロ(プレストン)。

10日(木):福音書第10章、第14章、第15章とかかわるもの。第85番、第59番、第183番。いずれもBCJ。オルガンの聖霊降臨祭コラールBWV651(松居直美)。

11日(金):福音書第16章とかかわるもの:第166番(ルッツ)、第103番(ガーディナー)、第86番(コープマン)。

聖書の話が多くなるのもどうかなと危惧も覚えましたが、カンタータの鑑賞ためには必要と割り切りました。11日の最後に、4つの福音書とかかわるバッハのカンタータの数の統計を発表しています。おそらく皆様の予想と違う結果だと思うので、どうぞお聴きください。

オルガンで満員御礼!2017年08月03日 12時20分22秒

7月29日(土)、いずみホールで、バッハ・オルガン作品全曲演奏会の第11回が開催されました。

このシリーズ、いつも大勢のお客様に来ていただいていますが、満員御礼は、さすがに稀です。今回それが実現したのは、シリーズのためにもたいへんありがたいことでした。

理由を考えてみると、2つありそうです。1つは、プログラムに超有名曲があったこと。もう1つは、出演したパリ・ノートルダム寺院のオルガニスト、オリヴィエ・ラトリー氏のスター性、カリスマ性です。

《トッカータとフーガニ短調》から始まる一番親しみやすいプログラムを、過去10人のオルガニストがどなたも採用されなかった、というのが、1つの偶然。私は、この曲をプログラムの導入に置いていたのですが(ほとんどそうではありませんか?)、ラトリーさんは全体を組み直され、ヴィヴァルディ編曲のコンチェルト( op.3-11)を冒頭に、ニ短調トッカータを、第1部の最後に置かれたのです。

静かに入って最後を盛り上げる形を取りたいという発想からと伺いましたが、その効果はたいしたものでしたね。なにしろ、傑出したテクニシャンで軽やかに、切れ味良くオルガンを弾かれ、じつにスマートなのです。長身で見た目も爽やか。インタビューもドイツ語で、見事に対応してくれました。

《音楽の捧げもの》のリチェルカーレ(6声)を壮麗に弾き上げてコンサートを終えた後、アンコールを弾く前に、手動でストップをほぼ全面的に入れ替えたられました。これは全然違う音になるぞと固唾を吞んでいたら、今まで聴いたこともないような軽快かつシャープな音色で、カンタータ第29番のシンフォニア(無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番第1楽章の編曲)を、鮮やかに。会場の盛り上がりが極限になるとまたストップを大幅に入れ替え、今度は色重視の選択で、シュープラー・コラールの《目覚めよ》を。ファン・サービスを兼ねた、洒落たパフォーマンスです。

そんな方なので、サイン会にはお客様が鈴なり。ツーショットを含めて、写真を撮る方の多さにびっくりしました。こういうオルガン・コンサートも、あるのですねえ。

8月のイベント2017年07月31日 22時49分36秒

オルガンの話題がありますがその前に、8月のご案内をしておきます。あと1時間で、8月ですから。

今月は勉強しなければならないので、イベントはわずかです。朝日カルチャーセンター新宿校が最初のイベント。2日(水)と30日(水)の10:00から、「オペラ史初めから」。2日はカヴァッリ《カリスト》を仕上げし、ヘンデル《ジューリオ・チェーザレ》に入ります。30日は、《チェーザレ》の続きです。

19日(土)は10:00から立川「たのくら」。「主人公が声を出すとき」というテーマで、プッチーニ《トゥーランドット》の続きをやります。私、トゥーランドットのアリアが大好きなのです(注:第2幕のソプラノ・アリア)。

20日(日)は、全日本合唱コンクールの審査を、初めて新潟でやらせていただきます。

26日(土)は朝日カルチャー横浜校のモーツァルト講座。ピアノ協奏曲第25番ハ長調の番です。この曲も、地味にいいですね。13:00から。

27日(日)は、「すざかバッハの会」例会で、ワーグナー《パルジファル》その2です。14:00から、須坂駅前のシルキーホールです。

今月は、以上です。

だから野球は面白い!2017年07月26日 22時14分19秒

日曜日から、論文に復帰しました。ブランクがじつに2ヶ月に達してしまったので、緊張感が高まり、本気で取り組んでいます。

朝からやっていると、夕方に力尽きます。そこで野球観戦などをするわけですが、今日ほど楽しめたことはありませんでした。

私は皆様ご承知の通り性格が悪いものですから(自覚しています)、アンチ巨人です。まあ昭和の野球ファンの類型で、平成の方には理解されないかもしれません。その延長線上で、ソフトバンクも応援していません。阪神も同様です。

しかしこの3球団を除くと、残りの球団にはそれぞれ、愛があるのですね。かつて広島カープ・ファン、とも申し上げましたが、最近は本当に強いですから、とくにファンでなくてもいいか、と思うに至りました。でもスピーディで若々しい、本当にすばらしいチームです。今日は巨人戦でしたから、安心してまかせていました。

一応筆頭にあげているオリックスが、後半戦全敗の惨状です。そこでパ・リーグは、楽天対ソフトバンクの首位争いに注目しました。

しかし楽天、強いですね!どこも勝てないように思うソフトバンクを、四つ相撲から寄り切ってしまうのですから。則本はほれぼれするほどすばらしいし、外国人がどのチームよりも強力で、活躍します。連日ホームランのアマダーなど、まさに神がかりです。

その外国人勢の一角を担っていたのが、クルーズでした。巨人から金銭トレードで来て、即、試合に出たそうですね。ペゲーロ(強打者)が負傷したためフロントが打った手だそうですが、さっそくタイムリーヒットと、再三の好守。一方巨人では、セカンドに回っていたマギーがケガをしたそうです。どういう巡り合わせなのでしょうか。

セ・リーグではヤクルトが連戦連敗です。CSのチャンネルを回しながら見ていると、神宮球場は途中まで、10対0になっていました。相手は中日。中日にも愛はありますが、ヤクルトにはもう少し多くあるので、打てない山田、うつろな表情の真中監督を見ると、あ~あと気の毒にに思いました。今日も終了後、怒ったファンが集合しそうです。

そうしたら、次に回したとき、10対10になっていたのですね!これには驚きました。7回に2点、8回に8点取って、追いついたとか。最後は、代打大松のホームランでサヨナラ。大松のヒーロー・インタビューに思わずもらい泣きで、世の人はアンチ巨人を愛のない人というが、じつは幅広い愛があるのではないかと、考え直しました(だめですか?)。

野球はやっぱり面白いですね。ヤクルト・スワローズにもがんばっていただいて、昭和の東京音頭を聴きたいと思います。

熊本最後のお話2017年07月24日 00時50分31秒

17日(月)。海の日が、連休最終日、かつ帰宅日です。昨夜の三角で旅行は満腹の状態でしたが、取ってある飛行機は夕方ですから、昼間、観光せざるを得ません。

それにしても暑く、荷物もある。そこで午前中いったん空港に行き、コインロッカーに荷物を預けて、再び市内に戻りました。当然ながら夕方までどの便も満員で、取り替えは利きません。

荷物なしの軽装で市内に戻り、お寿司をつまんだ後、開催中のオクトーバー・フェストで、ドイツ・ビールを飲みました。昨年は7月に広島で遭遇したオクトーバー・フェスト。今年熊本で遭遇したのは偶然でした。

空港に戻り、荷物検査。何の心配もせずに受けましたが、ストップがかかりました。ナイフを持っていないか、というのです。とんでもない、もっていませんよ、と答えましたが、係員は、私の手荷物の中にナイフが写っている、というのですね。

まさか、でもどうぞ調べてください、と、着替えなどの入った手荷物を開帳しました。お店を開いているとその中に、熊本でいただいたお土産の袋があります。中を調べていませんでしたので、その場で開けて見ると、なんと、その内容がナイフではありませんか。写るわけです(汗)。

フライトのためには、見つけていただいて良かったのかもしれません。しかし教訓として、いただいたお土産はすぐに開けて、内容の把握をすべきだと痛感しました。そういえば、「誰かから預かったものはありませんか」、とよくチェックされますよね。

帰郷してから旅行記を書き、三角に、とくに力を入れました。書きましたよ!とお店に連絡しようとしたところ、居酒屋「くや」さんは、もっぱらフェイスブックで発信されていることを認識。連絡には、フェイスブックを使うほかはないようです。

そこで一応会員資格を取り、連絡して、お礼メッセージもいただきました。いま迷っているのは、アカウントをこれからどうするか、ということです。サインインしただけでずらりと「お友達候補」が示されたのには驚きましたが、もうお友達である方とは、従来のようにメール連絡でいいわけですよね。メディアはもう増やせないような気がするので、優さんのご指導をいただきながら、及び腰になっている私です。

熊本にてーー三角の極上ナイト2017年07月21日 23時08分20秒

無人駅の続くローカル列車に乗ること、53分。あたりが開けたと思うや、三角駅に到着しました。外に出ると、もう眼前が海です。いや、これはいいところに来たなあ、というのが第一感でした。



北ドイツのようにのっぺりした海ではなく、島があり、山があり、灯台があり、それらを繋ぐ橋がありの、複雑な景観。これこそ、日本の海岸です。案内を見ると、見えるのは天草諸島で、ここが、海からの入り口になっているのですね。赤が現在地です。


目の前に、螺旋階段のある高い塔がありました。大展望を楽しみつつ三角駅を見ると、屋根に十字架があるのを発見。写真ではわかりませんね。


後は、飲み食いして帰るだけになりました。しかしこれが問題。夜7時ですが軒並みシャッターが降りていて、どこにもお店がないのです。お腹も空き、喉も渇いています。

駅を少し離れたところまで歩くと広場があり、そこに居酒屋が一軒開いていて、ほっとしました。「くや」というお店です。一も二もなく、入店。これが、すばらしいお店だったのですね。

600円の「お刺身盛り合わせ」を頼むと、どんなものが食べられると思いますか。水イカ、フグなど地魚が満載で、おいしいのにびっくりしました。先客さんもマスターも、何もそこまで、というほど人柄のいい方々で、若さ一杯のママさん(←呼び方がわかりません)ともども、温かく歓待していただきました。

まもなく、ずいぶんきれいな方がいらっしゃり、その社交性で、盛り上がりが一段と。たまにお見えになる、マスターのお嬢さんだそうです。


入店が7時20分。9時5分の電車で熊本に帰ろうと思っていましたが、終電は10時9分です。当然終電に変更ということですが、マスターが「もう一軒行きましょう」と言われたのには驚きました。男性陣で訪れるとそこはスナックで、カラオケがあるのですね。マスターは、軽く歌って味があるという、プロ級の歌唱力。私も2曲歌いました。

いや本当に楽しい夜でした。熊本にいらっしゃる方、人為性のまったくない海の景観とおいしいお魚、温かなもてなしを楽しみに、三角訪問をお薦めします。「くや」は、Facebookで検索できます。

熊本にてーー第2の目的地へ2017年07月19日 23時18分37秒

合唱コンクール第2日。小学生と一般の部は、早い時間に終わりました。その日のうちに帰ることもできたのですが、せっかくなのでもう一つの町に足跡を印したいと思い、熊本でもう1泊を予定していました。連休の日曜日のことです。

どこに行くか。羽田でガイドブックを購入して来ましたが、ポケタ・シリーズの『熊本』を買ったつもりが、隣の『福岡』を買ってしまったことが判明。やむなく、市内の書店で『熊本』を買い直しました。ところが、この本には熊本市と、阿蘇、黒川温泉しか載っていないのです。私は「もう一つの町」に行きたいのですから、これでは情報がありません。

わかったのは、『熊本』を謳う単行本のガイドブックが、上記シリーズ以外、探しても見あたらないこと。これでは、他の都市が観光客集めに苦労してしまいますね。

人口ランキングを見ると、熊本(74万)の次が八代(13万)、以下、天草(8万)、玉名、合志と続いています。1時間ぐらいで行ける海岸の町がいいなと思い、八代、水俣、あるいは「新幹線で鹿児島」あたりを候補に、あとは駅で決めることにしました。

ところが、熊本駅というのは、近隣の路線一覧とか、新幹線の時刻表とか、そういった案内がほとんどないのです。うろうろしているうちに新幹線「さくら」は行ってしまい、鹿児島が、あえなく圏外に。まあとにかく入ってみようと、スイカで入場し、発車間近の電車を比較しました。

すると、「三角」という、聞き慣れない方面に発車する小さな電車が、発車ベルを待っています。検索すると、海岸ではありませんか。とにかく乗ってみようと、テレビの旅行番組のようなノリで、2両連結のワンマンカーに乗り込みました(続く)。