《シャコンヌ》の祭典2008年03月03日 23時32分08秒

3月のご案内、その1です。

3月12日(水)の19:00から相模大野グリーンホールで、「バッハの宇宙」シリーズの最終回として、「シャコンヌの祭典」と題するコンサートを開催します。バッハの《シャコンヌ》を主役に、その原曲と種々の編曲を楽しもう、という趣旨のコンサートです。プログラムは以下の通り。

無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ短調BWV1004全曲 川原千真 チェンバロのための《シャコンヌ》 大塚直哉(編曲、演奏) ヴァイオリンとピアノのための《シャコンヌ》 メンデスルゾーン編曲、平澤仁(ヴァイオリン) 竹村浄子(ピアノ) ギターのための《シャコンヌ》 福田進一(編曲、演奏) 4つのヴィオラのための《シャコンヌ》 野平一郎編曲、坂口弦太郎、岡さおり、丸山奏 他

さまざまな形態を通じて、《シャコンヌ》の名曲たるゆえんを浮き彫りにしたいと思います。いらしてくださる方は、メールをくださるようお願いします。前売り3150円です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック