今年最後の「古楽の楽しみ」2017年11月09日 23時42分32秒

「古楽の楽しみ」、12月は出番がないので、11月が最後になります。そこで、年末恒例のバッハの新録音紹介を、11月にやることにしました。今年のリリースでここ2~3年の録音、という原則で選びました。15年、16年の録音を中心に、17年もいくつかあります(古いものも少し)。今月、来月にもいいものが出そうですが、それは来年ということにします。

20日(月)は、鍵盤特集。クリストフ・ルセによる《平均律》第1巻から2曲、リチャード・エガーによるパルティータ第1番、以上がチェンバロ。そしてブレハッチのピアノで、パルティータ第3番です。

21日(火)は世俗音楽特集。管弦楽組曲第3番をゼフィロで、カンタータ第204番《満足について》の後半を、ドロテー・ミールツのソプラノとオルフェオ・バロックオーケストラで、ブランデンブルク協奏曲第4番を、フェリックス・コッホ指揮のノイマイヤー・コンソートで。勢いのある古楽アンサンブルが、次々と出てきますね。

22日(水)はジャンル混淆です。鈴木雅明さんのオルガンによる前奏曲とフーガハ長調(BWV547)で始め、BCJの最新リリースから、クォドリベトBWV524。これはすごいと思います。次にヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第1番を、レイラ・シャイエのバロック・ヴァイオリン、イェルク・ハルベックのチェンバロで。次にアポロズ・ファイアというクリーヴランドのアンサンブルによる《ヨハネ受難曲》から、最初の2つのアリア。今評判のテリー・ウェイがカウンターテナーを歌い、アマンダ・フォーサイスというソプラノがまた、すばらしいです。最後は、椎名雄一郎さんのトリオ・ソナタ第2番から、フィナーレ。私の大好きな曲の、いい演奏です。

23日(木)は、オール日本人になりました。もちろんレベルが高いです。準備中ぎりぎりのタイミングで届いた若松夏美さんの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番が、トップバッター。次は大友肇さんの無伴奏チェロ組曲第1番から。最後に野平一郎さんの《インヴェンション》からで、これもぎりぎりに入ったものです。

24日(金)は、ルッツ指揮、ザンクト=ガレンバッハ財団の《ロ短調ミサ曲》からニカイア信条と、小山実稚恵さんの《ゴルトベルク変奏曲》の第25変奏以降で、脱帽の思いを抱きつつ、今年の放送を幕引きしました。

バッハの新しい名演奏をたくさん聴けて、充実の録音でした。皆さんもお楽しみください。

コメント

_ 星由佳子 ― 2017年11月10日 09時24分32秒

礒山 雅 先生
国立音楽大学で礒山先生の講義を享受しました、メゾソプラノの星由佳子と申します。突然のコメントをお許し下さい。講義内で何度か歌わせて頂き、有難いご指導を沢山頂きました。その後、わたくしは大阪芸術大学大学院に進学し、一度いずみホールの礒山先生企画の演奏会で、ロビーでお会いしました。
実は、本日19時から白寿ホールで初めてのリサイタルを開催します。昨日やっと「礒山先生に聴いて頂けたなら、、、」というレベルになりました。ご連絡先が分からず、こちらに行き当たりました。もしご都合よろしいようでしたら、ご一報頂けますと幸いです。こちらのブログも、今後楽しませて頂きます。何卒よろしくお願い申し上げます。
星 由佳子

_ I招聘教授 ― 2017年11月11日 00時44分13秒

星さん、リサイタルおめでとうございます(今知りました)。どんなコンサートになりましたか。

_ 星由佳子 ― 2017年11月13日 20時02分01秒

礒山 雅 先生

コメントにお返事を頂き、大変恐縮するとともに、嬉しく光栄です。プログラムを以下に記載させて頂きます。

・Erbarme dich
・Von ewiger Liebe
・Wesendonk Lieder Ⅰ~Ⅴ
~休憩~
・La maja dolorosa Ⅰ, Ⅱ (E.Granados)
・‘Air de lettres’ from “Werther”
・‘D'amour l′ardente flamme’ from “La damnation de Faust”
・‘Uzh polnoch blizitsya’ from “Pique Dame”
・Kaddisch (M.Ravel)
~アンコール~
・イヨマンテの夜 (古関 裕而) 福島県出身者として。
・‘O don fatale’ from “Don Carlo”

スマートフォンからの文章作成のため、作曲家など省略してしまい申し訳ございません。
200名のお客様は、大変喜んで下さいました。
しかし、演奏者として、歌い手としての課題をたくさん学ぶ最高の機会でした。
伴奏者と本番二日前の合わせで、『大学時代、礒山雅先生の講義を受け、礒山先生が「歌い手が前に前にでる演奏ではなく、常に伴奏者と寄り添わなければいけない」と教わりましたが、その意味がやっとわかってきました。』と話しました。
また、ご指導頂ける日が来るよう、精進いたします。

星 由佳子

_ I招聘教授 ― 2017年11月22日 23時04分33秒

星さん、すぐにお返事しなかったのは、このプログラムで貴女がなにをなさりたいのか、私にはわからなかったからです。お答えをいただいてもよろしいですか。

_ 星由佳子 ― 2017年11月27日 13時45分47秒

礒山 雅 先生
ご返答を頂き、ありがとうございます。
プログラムは、この6年ほど師事している先生がほぼ構成して下さいました。
わたくしが今回集客できたお客様の多くは、クラシック音楽に詳しいかたは少ない客層となりました。
しかし、この6年ほどで取り組んできた曲は、一般的にポピュラーなものが多くありませんでした。(オペラは、新作オペラでの主人公の母役、『魔笛』(侍女3)、『カルメン』(カルメン)に出演しました。)。そのなかで、クラシックに馴染みがなく、初めて聴いたかたにも、意外性や曲の美しさを感じて頂ける曲を、、、と思いました。
私自身、このプログラムができたとき、統一性の無さを懸念しました。しかし、初めてのリサイタルとして、これまでしっかり学び、自分で自信をもって歌えるという点も重視し、このようになってしまいました。
コメント欄へのお知らせとなってしまい、誠に申し訳ございませんでした。
またリサイタルができるのならば、『何をしたいのか』を明確にして、自分の意思も大切に、プログラミングすべきと痛感いたしました。
ご意見を頂き、本当にありがとうございます。

_ 星由佳子 ― 2017年11月27日 14時26分13秒

礒山 雅 先生
リサイタルが終わり、二週間以上経ちました。
私は26歳で音楽大学に入学し、もともと不器用な歌い手です。
お客様に満足して頂けましたが、素直に受け入れることができず、当然リサイタルの自分の演奏の記憶に苦しんでおります。
もし、細かいご指導を頂けますようでしたら、メールアドレスを入力しました。
私から、「思い立ったが吉日」とコメント欄からお知らせしてしまったことを心からお詫び申し上げます。

_ I招聘教授 ― 2017年11月28日 22時58分15秒

星さん、リサイタルを聴いていないので、正確な指導ができず申し訳ありません。ただ一般論として、私は、これからの方がリサイタルをなさる時は、本当に勉強したことを、テーマをもってプレゼンスするのが本筋だと思っているのです。いろいろな曲を原語で勉強されたようですが、たいへんだったのではありませんか。失礼をお詫びしつつ、ご発展をお祈りいたします。

_ 星由佳子 ― 2017年11月29日 21時00分18秒

礒山先生、先生にサインして頂いた貴著は、何年も、私の楽譜棚の常に見えるところに鎮座しています。
『レーナちゃんの日常』も楽しみに、今後もブログを楽しみに拝読します。星

_ I招聘教授 ― 2017年11月29日 22時59分25秒

ありがとう。レーナちゃんともども、よろしく。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック