「向き合う」こと2017年09月10日 23時39分43秒

9日(土)は、広島に日帰り。広島大学の公開講座「芸術と老年」の枠で、お話をしてきました。「アンチエイジング」という言葉がこれからは使われなくなるそうで、講座に影響があるかなと思っていたら、講座の英語名は「アーツ・アンド・エイジング」なんですね。誤解していました(笑)。

今回は救済というテーマにかかわらせようと思って考えたのですが、老年と結びつけて救済の問題を考えると、すべてが「安らかな死」という方向に収斂するように思うのです。それに尽きる、というように思えます。でもこれって、バッハのテーマですよね。カンタータの多くが、まさにこのテーマに向き合っています。そこで、バッハのカンタータを材料にお話ししました。鑑賞したのは、82番の抜粋と、106番の全曲です。

広島の受講生の方は、こういう問題にきちんと向き合ってくださるので、率直にお話ができました。今週土曜日の湯河原の町民大学でも音楽と老いの問題を話しますから、今度は56番を使おうかなと思っています。

今日(日)は、サントリーのサマーフェスティバルで、「戦中日本のリアリズム」というコンサートを聴いてきました。4曲あって、1941年が1曲、43年が1曲、44年が2曲。私が生まれる前の話です。

感想は2曲に絞りますが、伊福部昭の《ピアノと管弦楽のための協奏風交響曲》(1941年)には驚かされましたね。雄大なスケールと革新的(と言いたくなる)民族語法で、今聴いても、まったく新鮮なのです。小山実稚恵さんが、渾身の名演奏。

その後に、諸井三郎の交響曲第3番(1944年)がありました。日本音楽史上では有名な作品ですが、いつ聴いたか、思い出せないほど。今回きちんと聴いてみると、いわゆる「精神性」がすべての音符に宿っていて、思わず居ずまいを正してしまうような作品なのです。精神性って実在するんだなあ、などとあらためて思ったのが不思議。下野竜也指揮、東フィルの演奏は荘厳そのもので、じつに立派でした。

こうした作品が時代とどうかかわるのかは、簡単には言えないと思います。しかし、時代と向き合っていることは、確かなのだろうと思います。片山杜秀さんの企画に拍手。

個人的疲労の問題2017年09月05日 23時22分31秒

連日、論文に携わっています。どうなっているのかな、と思ってくださる方もおられるようなので、中間報告を少し。

一定時間やると疲れてしまってダメ、と先日書きましたよね。9月になったら、あまり疲れなくなってきたのです。それは締め切りが迫り、緊張が増してきたためです。過労になる可能性があるので、いいのか悪いのかはわかりません。

8月にいけるところまでいき、9月はあきらめてまとめに入る、とも申し上げました。しかし見直すとどうしても、ここはもう少し調べておかないと、という思いが出て、時間をかけてしまいます。仕上げにかけられる時間がどんどん減っているということです。昨日は、これはとても間に合わないな、と思っていましたが、今日相当がんばって、なんとかなるかな、と持ち直しました。でも完璧にはほど遠く、これは個人の限界です。

とはいえ、本を書くだけならばとてもここまではやらなかったと思うので、学位論文をめざして、本当に良かったと思っています。間に合わなくなっても、それなりの形で、完成させ提出します。

明日は1日、外出。8月のようなわけにはいきません。

9月のイベント2017年09月03日 22時36分22秒

恒例のご案内です。もし日にち、曜日など間違っていたらお知らせ下さい。

9月から、改装していたサントリーホールがリオープンしました。さっそく、「サマーフェスティバル」が進行中です。片山杜秀さんの「日本再発見」シリーズがあり、私もまいります。トイレがすばらしくなったという評判なので、皆様、性別に従って、ぜひご体験ください。

6日(水)が仕事始めです。朝日カルチャーセンター新宿校の「オペラ史初めから」のシリーズ、ヘンデル《ジューリオ・チェーザレ》第3幕で、今期を閉じます(10:00から)。

9日(土)には広島大学の公開講座「芸術と老年」シリーズで、「音楽における老いと救済」という話をします。人ごとではありません(笑)。16日(土)には、湯河原の町民大学でお話します。こちらは「音楽と老年--深く極める喜び」というテーマにしました。どんな実例をご鑑賞いただくか、考えているところです。

17日(日)からの週は、既報の通り、大阪のウィーン・ムジークフェストです。24日(日)に立川の「楽しいクラシックの会」。オペラの歴史の勉強をしていますが、シュトラウスの《ばらの騎士》に進むつもりです。10:00~12:00,錦町学習館です。

30日(土)は朝日カルチャーセンター横浜校のモーツァルト講座(13:00~15:00)。ピアノ協奏曲のシリーズを、第26番《戴冠式》と第27番変ロ長調で締めくくります。来月からは、ウィーン時代の声楽曲に挑戦します。

今、テレビで皇室ご婚約の記者会見をやっていました。眞子様のお人柄としっかりした受け答えには、感動しました。いい出会いに恵まれて、よろしかったですね。今時珍しいことと、お祝い申し上げます。

9月、ウィーン・フェストやります!2017年08月31日 23時22分56秒

放送の日にちが全然違っていたようで失礼しました(汗)。臨時放送が入ったようですが、再放送の時で良かったです。

今日は大阪へ、記者懇談会に行ってきました。場所はいずみホールのリハーサル室。ウィーン・フィルのチェロ首席、タマーシュ・ヴァルガさんとご一緒でした。

スマートに、感じよくお話くださったヴァルガさん、ホールのステージで写真を撮ってから、バッハのサラバンドを演奏してくださるびっくりプレゼント。潤い豊かな響きがホールを満たし、記者さんたちも大喜びでした。9月のステージが楽しみです。

その9月のステージが、懇談会のテーマでした。今までウィーン楽友協会との協力でいろいろなコンサートをやってきましたが、今年は「ウィーン・ムジークフェスト2017」という提携企画を、9月にやるのです。主役は、ウィーン・ピアノ界の最高峰と誰もが認める、ルドルフ・ブーフビンダー。氏は巨匠として最近本当に充実しておられ、楽友協会からも強い推薦をいただきました。ご挨拶等、いずみホールのサイトに載っています。

公演は3つあり、17日(日)(←日にち正しい!)がピアノ・リサイタル(モーツァルトのきらきら星変奏曲、ベートーヴェンの熱情、シューベルトの変ロ長調ソナタ)。

20日(水)がダナイローヴァ(ヴァイオリン)、ヴァルガ(チェロ)とのピアノ・トリオ(ベートーヴェンの《大公》とメンデルスゾーンの第1番)。

23日(土)が得意の弾き振りで、ベートーヴェンの三重協奏曲と、第1番のコンチェルト。オケはいずみシンフォニエッタ大阪、ソロはそのコンマス、小栗まち絵さんと、ヴァルガさんです。コンチェルトを、上質の室内楽としてお聴きください。

2万円のセット券を買っていただくと22日(金)の招待券が付きます。これは「楽都ウィーンの音楽生活とホール運営」と題して、楽友協会芸術総監督のアンギャンさんと私が対談します。アートマネージメントに関心のある方に参考になるようにと、内容を準備しています。

今後のためにもぜひ成功させたいと思っています。よろしくお願いします。(9月の予定、放送予定は、追ってご案内します。)

浮き世離れ2017年08月25日 05時00分22秒

8月最後の週末ですね。

今月末の段階でどこまでたどりつけるかが勝負という気持ちがありましたので、仕事が少なかったことを幸いにて、ほぼ連日、論文の準備に励みました。どんどん没入が深くなって、仙人のようとまでは申しませんが、浮き世離れしてきた実感があります。

ここへ来て発見した文献がいくつかあり、ほぼつながりのある全容が見えてきました。しかし第1部全5章、第2部全4章、第3部全9章の大構成となってきておりまして、仕事の増えてくる9月にこれをどこまで洗練し完成させられるか、相当困難に思えてきたのが現在です。註や引用、譜例などの整備にも、相当な時間がかかります。

論文を書きながら少しずつ整理しようと思った部屋は、結局整理手付かず。連絡だのお礼だの、いろいろなlことが後回しになっていてすみません。先に論文から取りかかり、疲れてしまって雑用もできず、ということの繰り返しでした。

そんな中、全日本合唱コンクールで新潟を訪れたのは、いい思い出になりました。土曜日の晩ホテルに着き、信濃川の夜景を見ようと外出して、古町まで足を伸ばしました。何度目かの新潟ですが、いいお店で飲食できて良かったです(珍しく、日本酒でお寿司)。

日曜日(20日)のコンクール、熊本とはまた別の合唱風土を感じました。弱音を大事にする奥ゆかしい感性が、いくつかの団体に。またラテン語曲を採り上げた団体が、しっかり掘り下げられた(啓和学園)、あるいは熟した表情の(新潟大学)解釈をテキストに示してくれたのは、平素気にしていることだけに、嬉しかったです。おもてなしをしてくださったスタッフの方々、ありがとうございました。

時差再来2017年08月16日 00時30分03秒

8月も中日ですね。前半はイベントもほとんどなかったので、研究に集中できました。

で、少しは早く寝ようと思うわけですが、夜遅くなると、世界陸上の実況が始まるのです。面白くて、もう少し、もう少しとなることが毎晩でした。真逆の時差ですから、本当に見たい早朝の競技は見られませんでしたが・・・。

とはいえ、どの競技も、本当に面白いですね。平素見ないフィールド競技も手に汗を握りますし、五種競技、十種競技というのも、どんどん引き込まれてしまいます。しかもそれぞれに、魅力的な選手がいるのです。

400メートル・リレーは、そんなわけで、後から見ました。日本チーム、一人も9秒台がいないのに、がんばりましたね。イメージ爽やか、すばらしいです。

それにしても、アンカーをケンブリッジから藤光に入れ替えたコーチの決断、たいしたものだと思います。人気もあり記録もいいケンブリッジを外して、もし失敗すれば何を言われるかわかりませんから、よく勇気があったなあと、つくづく。専門家でなくてはわからない目があり、それが成功したということですよね。敬意を表します。

ただ、実況が、どの競技でもスターに焦点を当ててメリハリをつけていく形になっており、それが相当気になりました。スターが負けたこともニュースではあるでしょうが、やはり勝者に、しかるべく光を当ててほしいと思います。400メートル・リレーでは、日本チームの健闘やボルトの負傷はもちろん報道するとして、予想をくつがえして優勝したイギリス・チームについても、もっと知りたいと思いました。5000メートルも、ファラーの敗戦ばかりが話題にされていましたが、勝ったエチオピアの選手について、もっと報道があるべきだったと思います。

アンコール放送やります2017年08月12日 23時18分48秒

カンタータ・シリーズが終わったところですが、今月末に、アンコール放送があります。皆さん定期的にアンコール放送をされていると思いますが、私は新企画続きの巡り合わせになり、久しぶりです。

去年の企画からということで、ジャンル特集かバッハのモテット特集のどちらかと考え、ジャンル特集にしました。カンタータの次がモテットじゃ偏りますよね。ジャンルも、舞曲特集でシャコンヌをだいぶ出したばかりですが、気軽に聞いていただけると思います。

8月25日(月)がパッサカリア(とシャコンヌ)、26日(火)がトッカータ、27日(水)がフーガ、28日(木)がファンタジーの特集です。去年の6月に放送しました。どうぞよろしく。

そうそう、フェイスブックについてお詫びしておきます。三角の居酒屋「くや」さんにメッセージをお送りするため、いったんフェイスブックにエントリーしましたが、結局、何もしないまま退会しました。入るのは簡単でしたが、やめるのはとても面倒だということがわかりました。

そんなことですので、フェイスブックの楽しさとか、便利さは味わわないままでした。しかし、これ以上そこに時間は割けない、と判断しました。コンタクトしてくださる方もおられたのですが、お返事もせず、たいへん失礼しました。

レーナちゃんご紹介2017年08月09日 22時48分59秒

愛犬陸ちゃんが亡くなったのは、私がドイツに行って3日目のことでした。帰宅したときには埋葬も済んで、あるのは写真だけ。急に、家の中が寂しくなりました。

ふと連想したのは、バッハが領主のお供でカールスバートへ行き、戻ってみたら奥さんのマリーア・バーバラが亡くなって、埋葬も済んでいた、という話。もちろんバッハには知らせが届いていなかったわけで、深刻度はとても比べられませんが、ちょっと、心をよぎりました。

国立に住んで40年。いつも犬がいました。当然、「次」への関心が芽生えてきます。しかし陸ちゃんの最終段階がたいへんだったものですから、妻が反対。飼い主が病気になったらどうするのかと言われてみると、その危険は大いにあります。

しかし、そう言っている当人が一番「次」を欲しがっているのは、言葉の端はしからわかりました。お店にも見に行っているようです。

ほどなく届けられたのが、動画と名刺。動画には白いマルチーズがすばしこく飛び跳ねている映像が映っています。名刺を見ると生年月日があり、2017年3月21日とありました。

そう、バッハの誕生日に生まれた犬です。これはうちに来るべく生まれたんじゃないの、という話になり、たちまち、当家の一員に。今回ばかりは私のネーミングで、「レーナちゃん」とさせてもらいました。はい、メスです。謹んでご紹介申し上げます。


眠そうなのもひとつ。


どうぞよろしくお願いします<(_ _)>。

8月の「古楽の楽しみ」2017年08月04日 22時54分25秒

バッハのカンタータは結構やっているようですが、まだ半分に達していません。そこで今月は、「ヨハネ福音書とかかわるバッハのカンタータ」という特集を組みました。『ヨハネ福音書』をいま研究していますので、そのカンタータとの関係を調べてみたかった、という事情もあります。

「ヨハネ福音書とかかわる」ということの意味は、『ヨハネ福音書』の一節が朗読される礼拝で演奏されたバッハのカンタータ、という意味です。曲にもよりますが両者には密接な関係があり、直接の引用があることもしばしばです。「ヨハネとかかわる」曲は、案外やっていないこともわかりました。ほとんどの曲が初放送です。

7日(月):福音書第1章(ロゴス讃歌)とかかわるもの。第64番(ベルダー)、第132番(ルッツ)+第147番のアリアとコラール(ガーディナー旧盤。新盤にしようと思ったら、持ち込んだCDに傷がついていて、変更のやむなきに至りました)。

8日(火):福音書第2章(カナの婚礼)とかかわるもの。第155番(ガーディナー)、第3番(BCJ)、《オルガン小曲集》から8曲(椎名雄一郎の最新録音)。

9日(水):福音書第3章とかかわるもの:第129番(ルッツ)、第165番(ガーディナー)、第176番(ヘレヴェッヘ)、オルガン曲《ファッシュによるトリオ》BWV585からアレグロ(プレストン)。

10日(木):福音書第10章、第14章、第15章とかかわるもの。第85番、第59番、第183番。いずれもBCJ。オルガンの聖霊降臨祭コラールBWV651(松居直美)。

11日(金):福音書第16章とかかわるもの:第166番(ルッツ)、第103番(ガーディナー)、第86番(コープマン)。

聖書の話が多くなるのもどうかなと危惧も覚えましたが、カンタータの鑑賞ためには必要と割り切りました。11日の最後に、4つの福音書とかかわるバッハのカンタータの数の統計を発表しています。おそらく皆様の予想と違う結果だと思うので、どうぞお聴きください。

オルガンで満員御礼!2017年08月03日 12時20分22秒

7月29日(土)、いずみホールで、バッハ・オルガン作品全曲演奏会の第11回が開催されました。

このシリーズ、いつも大勢のお客様に来ていただいていますが、満員御礼は、さすがに稀です。今回それが実現したのは、シリーズのためにもたいへんありがたいことでした。

理由を考えてみると、2つありそうです。1つは、プログラムに超有名曲があったこと。もう1つは、出演したパリ・ノートルダム寺院のオルガニスト、オリヴィエ・ラトリー氏のスター性、カリスマ性です。

《トッカータとフーガニ短調》から始まる一番親しみやすいプログラムを、過去10人のオルガニストがどなたも採用されなかった、というのが、1つの偶然。私は、この曲をプログラムの導入に置いていたのですが(ほとんどそうではありませんか?)、ラトリーさんは全体を組み直され、ヴィヴァルディ編曲のコンチェルト( op.3-11)を冒頭に、ニ短調トッカータを、第1部の最後に置かれたのです。

静かに入って最後を盛り上げる形を取りたいという発想からと伺いましたが、その効果はたいしたものでしたね。なにしろ、傑出したテクニシャンで軽やかに、切れ味良くオルガンを弾かれ、じつにスマートなのです。長身で見た目も爽やか。インタビューもドイツ語で、見事に対応してくれました。

《音楽の捧げもの》のリチェルカーレ(6声)を壮麗に弾き上げてコンサートを終えた後、アンコールを弾く前に、手動でストップをほぼ全面的に入れ替えたられました。これは全然違う音になるぞと固唾を吞んでいたら、今まで聴いたこともないような軽快かつシャープな音色で、カンタータ第29番のシンフォニア(無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番第1楽章の編曲)を、鮮やかに。会場の盛り上がりが極限になるとまたストップを大幅に入れ替え、今度は色重視の選択で、シュープラー・コラールの《目覚めよ》を。ファン・サービスを兼ねた、洒落たパフォーマンスです。

そんな方なので、サイン会にはお客様が鈴なり。ツーショットを含めて、写真を撮る方の多さにびっくりしました。こういうオルガン・コンサートも、あるのですねえ。