広島にて2016年09月11日 21時40分36秒

10日(土)朝、広島に向け出発。道中が長いので仕事をしようとパソコンを持ち、荷物が重くなりました。谷保駅まで歩き、もう汗びっしょりです。ところがポケットを調べて、財布を忘れたことに気づいたのですね。

どう考えてもこのまま広島に行く方法はないので、家に「逆」戻り。パソコンを置いて荷を軽くし、出直しました。少し余裕を見ていたので、無事到着できました。

「芸術と老年」講演シリーズ8回の、私は第7回担当です。広島大学の現役の先生たちを中心に講師陣が組まれている中に私が入ったのは、一人ぐらいは本当に歳を取った講師が必要だという理由のようです(推測)。もちろん、体験に基づいた話題を連発し、気持ちのよい2時間になりました。

終了後市内を散歩すると、広場で「オクトーバーフェスト」をやっているではないですか。ドイツの著名醸造元が、ずらりとお店を出しています。嬉しくなって、パウラーナー(ミュンヘン)の白ビールを飲みました。500ccを頼んだところ、2400円を要求されてびっくり。1000円はグラスの返却で戻るシステムでした。それにしても高かったが、おいしかったです。

気分が良くなり、お城のあたりを散策しながら、ここに出す写真を撮ろうとスマホを出しました。そうしたら、石畳で落とし、壊れてしまったのです。禍福あざなう、この日です!

夜、スマホなしで苦労しながら、青木孝夫先生(美学)のしつらえてくれた宴席へ。巨人戦の始まる時刻で、町には緊張感が高まってきていました。坂本のホームランで2対0、巨人リードです。

連続ホームランで怒濤の逆転のさいには、町を揺るがす歓声が上がったそうです。現地にいるのに伝聞として申し上げるのは、お寿司屋さんの個室で、老人問題などを語りつつ、飲んでいたため。外へ出て初めて、歓喜のムードに接しました。

年配のタクシー運転手さんも、嬉しくてたまらないご様子。MVPは新井ですかね、と申し上げると、鈴木誠也に上げたい、好青年なんですよ、とのお話。お釣りを、お祝いに差し上げました。結果は、ホテルのテレビで。

野球がこんなに人を感動させるなんて、すごいですね。間接的ながら、元気をいただきました。

熱気の中へ!2016年09月09日 23時17分16秒

広島カープのことを書かないがどうした、とメールをくださった方がおられます。いやあ最近の怒濤の試合ぶり、すごいですね。キリリと引き締まって、躍動しています。この日を待ちかねたファンの方々の盛り上がり、よく理解できます。

ただ私はアンチ・巨人本籍の悲しさ、いまパ・リーグも白熱しているので、広島本籍の方々の熱さには、ちょっと及びません。でも、人ごとではないのですよ。

なぜなら、どうやら優勝の決まりそうな明日、広島に行くからです。公開講座は「芸術と老年」というシリーズ、私の演題が「音楽で恵まれる加齢の福」というのはどうにもしょぼくミス・マッチなのですが、夜の懇親会がどういうことになるか、見ものですね。どうなりますやら。

パ・リーグは、日本ハムに絞っています。増井が先発に転向してから、すばらしいですね。最後まで、楽しみたいと思います。

阪神の場合2016年07月21日 23時11分04秒

私は大阪に仕事をもっていますので、飲んだりすると、野球の話になります。見事なぐらい、皆さん、阪神ファン。入れ込むあまり采配批判になったりするのが、野球ファンというものですよね。

今年、金本政権が誕生したとき、ファン諸氏の喜びはたいへんなものでした。いよいよ待望の体制ができた、と。そんなに急にうまくいくかなあ、と私は懐疑的でしたが、果たして、結果が出ていませんね。

「野球ブログ村」を見に行くと、キャプテン鳥谷を外せ、という大合唱です。打撃不振、守備もかつての面影のない鳥谷を、連続イニング出場という目的のために起用し続けているのは納得できない、という趣旨のようです。たしかに鳥谷、元気ありませんね。打線が、彼で切れてしまいます。

鳥谷を外してはダメだというOBの声も強いということ。ですので、単に連続出場のためだけに監督が起用し続けているのかどうか、はっきりしたことはわかりません(金本監督も同様にしてその記録をとった、という指摘もあります)。私が阪神を応援するのは巨人戦だけですので、まあどちらでもいいのですが、コンサートに誰を起用するか、ソロを誰に振るか、といった音楽上のことに通じるので、どう処理されるか、興味があります。

私は野球なら野球の神様、音楽なら音楽の神様が喜ぶように考えるべきで、人間の都合を優先すべきではない、という意見です。ですので、負けているチームが代打代打でひとわたり選手を出してやる、という温情をかける高校野球の監督に、疑問を感じます(昔はその方がいいと思っていましたが、だんだん変わってきました)。スポーツの清々しさは、そういう温情とは無縁のところにあるように思いますが、違うでしょうか。

もちろん、どちらの選手が力があるかは、個人プレーだけでなく、連携能力とか、チームプレーへの適性とかで多様に判断されますよね。音楽も、それは同じです。でも、たかが音楽、人間を優先して考えよう、という発想は、幸せな結果を招かないように思えてなりません。

営業努力2016年07月12日 06時48分34秒

10日の日曜日、家に帰って昼間の野球結果を確認すると、ロッテ・日本ハム戦がまだ継続中。さっそく、CSのチャンネルを合わせてみました。

引き分け寸前の12回裏、日ハムの攻撃。大谷が打たれて5対0になったのを4点返し、9回裏二死から田中の一発(!)で追いついて、延長戦になっている。打席には、この時点でホームラン24本のレアードが入っています。

まさかホームランはないよな、それじゃ話がうますぎる、と思っていたら、ものの見事にサヨナラホームラン。札幌ドームは爆発的に湧き、ファンの喜びがいつまでも続いていました。

この盛り上がりには、まこと、今昔の感があります。かつてパ・リーグはガラガラのスタンドで試合し、ドラフトでは巨人に入りたい、在京のセ・リーグがいい、という選手ばかりで、苦労を重ねていたからです。

それが今では、福岡と北海道に強いチームがあり、大勢の観客を集めている。実力もパ・リーグが上と、誰もが認めるようになったわけですよね。

しかし、昔があったから、今があるのだと思います。どうしたら窮状を乗り越えていけるかで、長期にわたる地道な営業努力があったのだと思う。与えられた状況と前向きに取り組み、知恵と努力で克服していくというのは、人間になしうるもっとも尊いことの一つだと、日頃から思っています。

負けたロッテの方も、伊東監督のもと、すばらしいチーム。ソフトバンクに迫って欲しいと思います。

原監督を送る2015年10月30日 10時40分23秒

ソフトバンク、完勝でしたね。私はアンチ巨人を基本とする野球ファンなので、セ・リーグでは巨人以外の球団、リーグはパ・リーグを応援しています。したがって日本シリーズは、例年パ・リーグ。しかしソフトバンクがあまりにも立派で、全盛期(ずっと昔)の巨人を思わせるところがあるので、応援する気持ちになりきれないのが困りものです。他の球団、来年はがんばってください。

原監督の勇退は、残念。あの、日本人には珍しいほど豊かな顔の表情に興味を惹かれ、けわしいお顔の時を中心に、いつも拝見していました。今年の後半は、采配に焦燥感が感じられ、たえず自分から動いていく、という印象になっていたと思います。まさに、笛吹けど踊らず、です。

野球の監督には、まったく表情を殺して指揮をとっている人も、多くいます。どちらがいいのか。戦国の武将になぞらえると、盤石不動の方がいいわけですよね。動かざること山の如し、と言います。少なくとも劣勢のときは、そうあるべきでしょう。

スマホのニュースに、原采配へのうがった分析がありました。それによると、原さんは、ベンチで打てる手はすべて打つべきで、肝心な局面を選手にまかせて見守るというのでは、監督として責任を果たしたことにならない、と考えているそうです。たしかに、一理あります。

でもそれだと、選手との信頼関係はどうなるのでしょうか。野球の監督と音楽の指揮者は世の人の夢とよく言われますが、指揮者と演奏者の関係を考えてみると、一番いい形というのはおそらく、指揮者が楽員を信頼していて、楽員がそれを感じて喜び、燃え立って演奏するときだと思うのです。世の上下関係にはすべて、適用できることかもしれません。指揮者が偉くなりすぎても、それはむずかしいことのようです。

素人談義、失礼しました。シーズンが終わってしまい、寂しい気持ちがあります。

野球考2015年04月12日 12時00分29秒

プロ野球、シーズンになりましたので、趣味として追いかけています。今年の応援は、セ・リーグが広島カープ、パ・リーグがオリックス・バッファローズ。どちらも優勝争い、と意気込んでいました。

しかし私の応援がたたったのか、どちらも現在(日曜日の試合前)、最下位。この両チーム、共通点があるように思えてなりません。試合ぶりが淡泊。負けが込むと落ち込み、反発力がない。そして、監督がすこぶる付きの美男。これだけ落ち込むと、素人目にも、采配が気になります。

しかし、こうした経過は、あらゆる評論家の予想を裏切っているわけですよね。とくにセ・リーグは、横浜、中日、ヤクルトが上位にいるという、驚くような逆転現象。そこで思うのですが、野球はきわめて勝敗の予測ができにくいスポーツで、それが、間の空きがちな競技の面白さになっているのではないでしょうか。

他のスポーツは、どんなものでも、ある程度予測がつきますよね。団体競技でも強弱はかなりはっきりしていて、優勝候補が連戦連敗ということは、まず考えられない。それだけ、野球の勝負に、複雑なファクターがからみあっているということだと思います。したがって、弱いとされる方にも、つねにチャンスがある。新人が大手柄、ということもよく起こります。

ただその中にも、ツキの理論は存在すると思うのです。たとえば、登板すれば勝利が転がり込むという風に見えた中日の又吉というピッチャーには、その反動が来ている。去年みごとに機能していたオリックスの救援陣も、今年はダメ。「運をつかむ」ことが、采配のポイントであるような気がします。

野球雑感2014年10月19日 23時56分41秒

「阪神良かった」のコメント、ありがとうございます。私も一方的な展開を、快感をもって楽しみました。しかし、大阪の仕事はしていても阪神ファンではないので、高揚感はもうひとつです。むしろ、オリックスの敗退を惜しんでいます。広島は善戦しましたが、優勝するレベルには、まだ届いていません。

和田監督、良かったですね。どういうものか、野球の世界ではアマチュア評論家の辛口の度合いが音楽の比ではなく、言いたい放題に言われていたのを知っていますので。勝てば、評価も変わってくるはずです。

でも、巨人はなぜ負けるのでしょうか。もともとぶっちぎりの戦力があり、今年はそれが高まっていたはず。去年いなかったFA組の片岡、井端、大竹、新人の小林、そしてアンダーソンといった選手は、みな活躍していましたからね。ドラフトがやっと公平になったと思ったら、FAでかき集める、という手段があったとは。来年も各チームの主力が入ってくるのは、間違いなさそう。エースは、きっと金子ですね。

今日の日本ハムの逆転には驚きました。ソフトバンクに元気がありません。監督の退任が判明したら、もう緊張感は保てないのだそうです。日本ハムの稲葉、求心力がありますね。まだ打てるのに。

各チームのブログ村を回ってみると、楽天村は、新監督批判の大合唱です。なるほど。監督が何人か変わりますが、ヤクルトの小川監督、好感をもっていたので残念です。巨人の原監督は、今年の結果を見ると、続投で良かったようです。

何となく、日本シリーズへの意欲が盛り上がりません。そうか、だから「アンチ巨人は巨人ファン」と言われるんですね。自覚としては、ファンでは絶対ないですけど(笑)。

今年の夏休み&野球2014年08月12日 23時00分23秒

皆様、いま夏休みですか。これからお盆休み、という方もおられるかもしれません。私はここ数日が、仕事もお座敷もない、純粋な夏休み期間です。自分でも不思議でなりませんが、集中して勉強しています。どちらかと言えば勤勉な方ではあるのでしょうが、老後に連日これほど勉強するというのは、自分がびっくり。しかし一日やると夕食後はもう疲れて、活用できません。このあたりに、年齢を感じます。

というわけで、CSで野球を観戦、広島カープ、ダメですね。隙が多く、優勝はまだまだだと思います。30過ぎのエルドレッドが前半戦爆発的な打撃を見せましたので、世の中には「大化け」というものが本当に存在するのだと思って、感心していました。しかし、絵に描いたような竜頭蛇尾です。とはいえ、彼がスタメンから外れると、打線がまったく小さくなってしまう。ともあれエルドレッド、日本に来てよかったと思いますよ。彼の長打力と人間性に惚れ込んだ監督がマンツーマンの指導に時間をかけてくれることなど、アメリカではなかったでしょうから。

巨人は案外で、楽しませてくださいます。巨大戦力ですから、こんなはずはないんですけどね。心外のゆえか、原監督の顔に険が出てきたようです(笑)。阪神、ここで首位に出ましょう。

パ・リーグ。ソフトバンクが強すぎて、いかんともしがたいです。強打者がずらりと並ぶ上に、守りが鉄壁。後半1点リードしていれば、五十嵐とサファテで確実に勝ってしまいます。パ・リーグにも巨人を作りたくないので、他チーム、なんとかがんばってください。

サッカー素人談義2014年06月27日 01時06分48秒

皆さん、しばらくサッカーに熱中しておられたことと思います。私はサッカーには基本的に興味がないのですが、報道の過熱にあおられ、コロンビアとの最終戦を観戦しました。ファウストの翌日、大阪、ニューオータニの一室で、早起きしました。

素人ですから、批判的なコメントはできません。ただ、一般論として、素朴な疑問を感じるのですね。それは、攻めるのこそが日本のサッカー、ということで、ほとんど攻撃中心の戦術が採られていたことです。もちろん点を取らなければ勝てないわけですが、強い相手に対して正面から攻めていくというのは、古来の兵法に照らしても、どうなのでしょう。

私は、将棋が少しわかります。将棋の世界では、ヘボは攻めるだけ。守りが強くなって初めて、ランクが上がってゆきます。なぜなら、攻めは自分の都合を中心に考えて進められますが、守りは、相手がどう来るか、どう来られたら自分が困るかを、入念に考えなくてはならない。すなわち、相手中心に考えるという高等戦術が、守りには必要なのです。名人になるのはたいてい、守りの強い人です。

というわけで、外野が守らず攻めろ!の大合唱になっていたのは、どうなのかと思っていました。それにしても、中南米は、小国もみんな、強いですね。だからこそ面白い、ワールドカップです。

【付記】野球も同じです。交流戦の間に、守備の破綻から大量失点というゲームをいくつも見ました。ソフトバンクの二遊間(本多、今宮)はすばらしいですね。

惻隠の情生まれる2014年05月18日 12時42分56秒

16日(金)夜。近江楽堂で西山まりえさんの弾くゴシック・ハープの美音を満喫した私は、10時に帰宅。しかしいつものようには、テレビのスイッチを入れませんでした。入れたのは、11時になってから。巨人-広島戦を、先入観なしで観戦しようというのです。チャンネルは、CS608です。

試合は広島が先攻し、ルーキーの大瀬良が力投。私はワインを飲みながら油断なく観戦し、深夜の2時に及びました。広島のはつらつとした戦いぶりは、胸のすくよう。「カープ女子」が急増中であるのもうなずけます。

私は昨今カープ・ファンですが、勝ったときだけ書いているわけではありません。昨日は巨人の完勝でしたし、1時間後に始まる今日の試合も、楽観はしていません。だからこそ今、久しぶりに野球ネタを披露しているのです(こういう心境を「余裕」といいます)。

17日(土)。「たのくら」で《トリスタンとイゾルデ》の第2幕を鑑賞し、会員の方々と、お昼を食べに行きました。立川の中華料理「五十番」で砂肝を食べるのが、最近の好みなのです。いつもは2テーブルに分かれるのですが、この日は10人だったので、1つのテーブルを囲み、楽しくお話しすることができました。当然、野球の話になります。

そうしたら、驚くべき事実が。なんと10人が全員、アンチ巨人であったのです!昔なら、10人いれば8人が意気軒昂とした巨人ファンで、暗い眼でおどおどしている1人か2人がアンチ巨人。それが相場でした。時代が変わったとはいっても、10人が10人アンチとは。だから「たのくら」が28年も続いているのか、それともそういう人ばかり残っているのか(汗)。あ、皆さんいい方たちですので、巨人ファンの会員も歓迎いたします。

なにしろ今年は、有力な選手をどんどん補強し、ぶっちぎりで優勝確実、と言われていた巨人軍です。私もそれがありますからつい巨人ファンの方にからんでしまい、先日も尊敬するYM先生に、「あなたのような性格にだけはなりたくない」と言われてしまいました(笑)。

関西における阪神の人気と全国における巨人の人気は似ている、とおっしゃる方がいます。しかし私の見るところ、ファン気質はまったく違う。阪神ファンにはおしなべて自虐的な傾向を感じますが、巨人ファンはまっすぐかつ繊細で、どちらかと言えば打たれ弱いように思いますが違うでしょうか。なんとなく、惻隠の情を感じるようになってきました。やさしく振る舞うようにします、私。

パ・リーグで巨人化しているのが、ソフトバンクです。先発のウルフとスタンリッジ、抑えのサファテ、四番の李、みんな去年は他チームの選手じゃないですか。好きなチームが多い中で、今年は善戦しているオリックスを応援することにしました。めざそう、三連勝!