4月のイベント2017年04月02日 09時58分40秒

新年度ですね。気分一新、どうぞよろしくお願いします。といっても、3月の予定が消化しきれず、仕事が遅れていて申し訳ありません。

今月は、朝日カルチャーセンターの仕事が合計7つもあります。

新宿校が4つ。定例の水曜日は5日と19日で、10:00~12:00の「オペラ史初めから」は、モンテヴェルディ《ポッペアの戴冠》全3回の、1と2です。13:00~15:00のバッハの新録音を比較紹介する講座は、今回(最初にして最後ですが)バッハ以外を取り入れました。今月は《メサイア》を2回でやります。

「宗教改革と音楽」という講座を頼まれていましたので、2回で組みました。20日(木)10:00~12:00に、その第1回。「旧約聖書とルター派音楽」というタイトルでやります。メインはシュッツです。(来月、「新約聖書とルター派音楽」になります)。

26日(水)19:00~20:30に、レクチャーコンサートをやります。出演者はウェーベルン+ハンマークラヴィーア・ソナタのCDで大ブレイク中の瀬川裕美子さんです(ブレイクのほどは、日経の動画入り記事をどうぞhttp://style.nikkei.com/entertainment/DF280120166611)。曲はバッハの《ゴルトベルク変奏曲》です。ウェーベルンに隠れてしまいましたが、彼女のCDは、日本人がピアノで弾く《ゴルトベルク》として、有数のものだと思います。ナマ瀬川をご体験ください。

横浜校のモーツァルト講座は、22日(土)13:00~15:00。20番台のピアノ協奏曲に入っていますが、今度は「短調の後は」と題して、第21番ハ長調」を採り上げます。

さらに、立川校があるのです。今度から、2回ワンセットで私の「名曲探訪」シリーズをやることにしました。15日(土)と29日(土)の13:00~15:00で、テーマは「モーツァルトの三大交響曲」です。まだ触れておられない方、立川までどうぞ。

このうち15日(土)は、10:00~12:00に同じ立川で「たのくら」があります。テーマはオッフェンバックの《ホフマン物語》。「怪奇なる娯楽その1」と題しています。

恒例の早稲田大学エクステンションセンター中野校の春講座が、13日(木)から、毎週計5回で行われます。時間は15:00~17:00。前期に「32歳のモーツァルト」をやりましたので、今期は33歳、34歳を採り上げます。題して「モーツァルト、最後の高みへ」。テーマは13日が「北ドイツ訪問の足跡、クラリネット五重奏曲に示された深まり」、20日と27日が「愛の賛歌としての《コジ・ファン・トゥッテ》」です。

「すざかバッハの会」は、ワーグナー《神々の黄昏》その2。《ニーベルングの指環》の最終回となります。須坂駅前のシルキーホールで、23日(日)の14:00~16:30です。

最後に。いずみホールに、私の出番が2回あります。4日に、ライプツィヒのオルガン・コンクールで優勝された冨田一樹さんの凱旋コンサート。バッハ・オルガン作品全曲演奏会の特別企画として催しますが、すでに完売と伺っています。

18日(火)は、ウィーン楽友協会との提携企画で、マルティン・ハーゼルベック指揮のウィーン・アカデミー管弦楽団(ピリオド楽器)による、ベートーヴェンの《運命》《田園》。企画についてハーゼルベックさんがぜひお話ししたいというので、プレトークをすることになりました(19:00から)。要旨を簡潔にご紹介する形で考えています。

17日(月)から21日(金)までの「古楽の楽しみ」は、別途ご紹介します。今月はぜひ、楽しみになさってください。

3月のイベント2017年02月26日 20時35分55秒

2月の短さへの実感は、終わりに近づくにつれ加速度的に増していきますね。そこで、少し早めに、来月のご案内です。

原則第1・第3水曜日としている朝日カルチャーセンター新宿校の講座、今月は1日(第1)と29日(第5)になります。10:00からの「オペラ史初めから」は、モンテヴェルディ《聖母マリアの夕べの祈り》のパート2、パート3。4種類の映像を交えてお届けします。バッハの「最新録音」講座は、1日が《フーガの技法》、29日がパルティータ第6番ホ短調です。

朝日カルチャーは立川講座(駅ビルルミネ)が定番化しそうです。11日(土)10:30~12:30は《ゴルトベルク変奏曲》をやりますので、近隣の方はどうぞ。これは「聴き比べによる名曲探訪」と謳っていますが、以後、私の「名曲談義」という形で続けていこうかと思っています。

12日(日)は、立川市錦学習館で、「楽しいクラシックの会」例会(10:00~12:00、《カルメン》その2)。午後(14:00から)は、年に一度の「錦まつりコンサート」です。今年は「メゾソプラノってすばらしい!Part2~なつかしい世界の歌、日本の歌」として、名花、井坂惠さんにご登場いただきます。ピアノは久元祐子さん、14:30から、入場無料です。登場する作曲家だけ挙げておきます。ショパン、モーツァルト、リスト、シュトラウス、ヴォルフ、シューベルト、山田耕筰、中田喜直、高田三郎、團伊玖磨。お待ちしています。

17日(金)はいずみホール・シューベルト・シリーズの最終回。アンドラーシュ・シフが、ピアノ・ソナタ第20番イ長調、第21番変ロ長調を演奏します。作品といい演奏者といい、自信をもってお薦めできるものと考えています。

いずみホールには続いて、スイスのオルガニスト、ジャン=クロード・ツェーンダーさんが登場され、19日(日)にマスター・クラス、20日(月)にバッハ・オルガン作品全曲演奏会vol.10を開催されます。

コンサートは16:00からで、「罪の深淵・救いの慰め」と題し、ホ短調曲を中心としたプログラムになっています。出演者のグレードが知名度にかかわらず高い、という印象を与えてきたこのシリーズかと思いますが、今回は、演奏者としても研究者としても世界の尊敬を集めている巨匠です。すばらしい笑顔をお持ちの先生に、しっかりインタビューしたいと思います。

これと重なるように、国際音楽学会(IMS)の世界大会が、東京藝大で開催されます。詳細はこちらをご覧下さい。http://ims2017-tokyo.org/jpn_front/ 盛りだくさんの内容で、じつに大勢の方が来日されます。準備の方々、お疲れさまです。

25日(土)は、朝日カルチャーセンター横浜校のモーツァルト講座。ピアノ協奏曲の勉強が私にもたいへんためになっていますが、いよいよ、第20番ニ短調となります。そもそもモーツァルトにとって短調とは、というところから始めるつもりです。

「古楽の楽しみ」はバッハのカンタータです。あらためてご案内申し上げます。

お詫びとご連絡2017年01月31日 23時54分30秒

2月1日の朝日カルチャーセンター新宿校のバッハ講座、内容をリュート&ギター曲とご案内していましたが、ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第1番BWV1027に変更させていただきます。突然の変更でご迷惑をおかけいたします。申し訳ございません。

2月のイベント2017年01月31日 11時07分41秒

1日が水曜日なので、2月は朝日カルチャーセンター新宿校からスタートです。10:00~12:00のモンテヴェルディ講座は、歌劇《オルフェオ》の後半。13:00~15:00のバッハ新録音紹介・聴き比べの講座は、リュート&ギター作品です。

15日(水)の同講座は、モンテヴェルディが《聖母マリアの夕べの祈り》。本当は「オペラ史初めから」という講座なのですが、モンテヴェルディ・イヤーでもありすばらしい新譜も出たということで、《ヴェスプロ》をもぐりこませました。3月までの3回でやります。バッハはプレリュードとフーガ変ホ長調BWV552(オルガン曲)です。

5日(日)は、須坂のワーグナー企画(駅前シルキーホール、14:00~16:30)。いよいよ《神々の黄昏》(その1)です。7日には学士会館で朝日旅行社主催の公演があります。これは、ライプツィヒ・バッハ祭に向けてのもの。10:00〔10:40より修正〕からですが、詳細は同社のホームページでどうぞ。

11日(土)の楽しいクラシックの会(立川錦町学習館)は「聖女と悪女の選択ーービゼー≪カルメン≫その1」と題して行います。時間が30分早まり、9:30~11:30になっていることにご注意ください。理由はもちろん、私のダブルブッキングです。すみません。

すぐ移動して、13:00~15:00が、朝日カルチャーセンター横浜校のモーツァルト講座です。1784年のピアノ協奏曲6曲(第14~19番)の、その1となります。25日(土)がその2です。今月は2回になっていますので、ご確認ください。

いずみホールのシューベルト企画、今月は強力なものが2つ登場します。18日(土、16:00~)のマーク・パドモア(テノール)+ティル・フェルナー(ピアノ)の《美しき水車小屋の娘》と、28日(火、19:00~)の、イザベル・ファウスト、ジャン=ギアン・ケラス、アレクサンドル・メルニコフのトリオです。曲はピアノ三重奏曲第1番(+シューマン、カーター)。詳細はこちらで。アドレスが変わっています。http://www.izumihall.jp/

今月もよろしくお願いします。

今年のライプツィヒ・バッハ祭2017年01月18日 23時36分01秒

厳しいスケジュールをなんとか乗り切ったところで、今年のライプツィヒ・バッハ祭旅行をご案内します。私の失態が繰り返されてきたこの旅行。行ったらたいへんなことになるぞ、と思われる方がいらしても仕方ないのですが、同行された方とは親しいお付き合いが続いたりもしておりますので、謹んでご案内申し上げます。

今年のプログラムは特別で、どう切り取るか、苦労しました。というのは、モンテヴェルディ生誕450年をライプツィヒの人たちがたいへん重んじているらしく、《オルフェオ》(サバール指揮)、《聖母マリアの夕べの祈り》(ピション指揮)の両名作が、音楽祭の中央に、ドーンと座っているのです。

これをパスしてバッハだけにすることはできませんし、そうしたらかえってつまらない。ということで、今年はこの2曲をメインに、宗教改革にまつわるバッハのカンタータ(ガーディナー指揮)と、聖トーマス教会のメンバーによる《ヨハネ受難曲》(シュヴァルツ指揮)を鑑賞する、というプログラムにしました。《聖母マリアの夕べの祈り》の裏には、アンドラーシュ・シフのバッハ・コンサートがあります。でもそれは日本でも聴けるでしょうから、むしろ今年はモンテヴェルディを聴いていただきたい、というのが私のご提案です(シフに行かれても結構です)。

ツアーには遠足がつきものですね。今年は、それをオプショナル・ツアーとして独立させ、充実させました。2つあります。1つは、ドレスデン近郊のフライベルクにジルバーマン・オルガンを訪ねるもの、もう1つは、バッハの成長の地テューリンゲン(アイゼナハやアルンシュタット)を、ルターの家と併せて訪れるものです。アイゼナハはまだ、という方も案外いらっしゃるのではないかと思い、初めて企画しました。

いつも皆様とビールやワインを飲むのが楽しみですが、宿泊する星5つの「シュタイゲンベルガ-」というホテルには、夜2時までやっているバーがあります。値段もたいへんリーズナブルです。

詳細は、朝日旅行社のホームページをご覧下さい。http://www2.asahiryoko.com/djweb/TourDetail.aspx?tc=S27636170000

ご参加をお待ちしています。

【付記】期間中ライプツィヒでは、朝の礼拝から夜のコンサートまで、至るところにバッハがあります。ですので、自分のアレンジでたくさんのコンサートを聴くことが可能です。わりと高額のコンサートが今注目のアンサンブルであることもあれば、プログラム代だけで聴けるコンサートが大満足、ということもあります。

今月のイベント2017年01月04日 22時24分28秒

今年は、宗教改革500周年、モンテヴェルディの生誕450周年ですね。私のイベント、放送も、それらと関わっています。順番にご案内します。

6日(金)、日本合唱指揮者協会の講演で、今年が始まります。コンクールでミサ曲を採り上げる合唱団がとても多いところから、ミサ曲のテキストについて、演奏に役立つ形でご説明しようと思います。

朝日カルチャーセンター新宿校は、イレギュラーな予定になっています(水曜日の出講は変わりません)。11日から、終了したワーグナーに変えて、「オペラ史初めから」という講座を始めます(10:00~12:00)。ここで、モンテヴェルディ・イヤーをフォローしようというわけです。

11日は歌劇《オルフェオ》全3回のその1。会場の都合で、この日はこれのみで、18日が《オルフェオ》その2と、バッハの最新録音紹介講座(13:00~15:00)の継続となります。バッハでは、無伴奏チェロ組曲の第3番を扱います。無伴奏チェロ、新譜のラッシュが続いています。

13日(金)は、いずみホールのシューベルト企画第4回。いよいよ《冬の旅》で、ユリアン・プレガルディエンと鈴木優人さんの顔合わせです。いずみホールのフォルテピアノ(ナネッテ・シュトライヒャー)のコンディションがこのところとても良くなってきているので、ご期待下さい。

私はとんぼ返りで、14~15日と29日、埼玉県合唱コンテストの審査を務めます。

21日(土)は、立川の「楽しいクラシックの会」。30周年のイベントになります。10:00から12:00まではムソルグスキー《ボリス・ゴドゥノフ》について学び、午後は記念パーティという計画です。この日からのご参加も、歓迎いたします。お申し込みは渡辺公子会長までどうぞ(violine@wf6.so-net.ne.jp)。

28日(土)は、朝日カルチャーセンター横浜校のモーツァルト講座です。ウィーン時代のピアノ・コンチェルトに入ります。盛り上がってきている講座なので、伺うのが楽しみです。

放送については別途ご案内いたします。今月は宗教改革の特集です。

12月のイベント2016年11月30日 21時28分10秒

12月のご案内をしようとGoogleカレンダーを眺めていましたら、あることに気づき、にわかに不安になってきました。

安井耕一さんのご出演による朝日カルチャー新宿のレクチャーコンサートが、どこにもないのです。12月だと思っていましたが、11月だったような気もする。だとすると、もう終わっています。よく見ると、「たのくら」も、12月はないようなのです。そんなはずはありませんから、ある言葉が頭をよぎり、動悸が激しくなりました。

ともあれ、ご案内を。12月6日からICUの冬学期が始まり、3大学併走の状態になります。宗教音楽のメッセージ解釈を、聖書の翻訳という問題をからめてやることにしましたので、取ってくれる人がいるかどうか。準備もたいへんそうです。

7日と21日(水)13:00~15:00は、朝日新宿のバッハ講座。《マタイ受難曲》第2部・新録音の演奏比較を、CDを入れ替えて行います。

10日(土)14:00~16:30は、モーツァルト・フェラインで講演。「1888年~頂点の年を追う」と題して行います。駆け足になりそう。

12日からの週は「古楽の楽しみ」ですが、別途ご案内します。バッハの最新録音を、ずらりと並べました。16日(金)は、いずみホールのシューベルト特集「こころの奥へ」の3回目。若きエースにして哲人的音楽家、北村朋幹さんの出演で、《幻想ソナタ》をトリに置く、独創的なプログラムです。19:00から。ぜひ応援してください。詳細はいずみホールのHPで。

18日(日)は、須坂バッハの会のワーグナー・シリーズ、《ジークフリート》の第3幕です(14:00~16:30)。なんといっても《ジークフリート》は第3幕がすばらしいので、どうぞお楽しみに。

ということは17日(土)が空いていたわけですが・・・「たのくら」と安井耕一さんのコンサートは、いずれもこの日に入ってくることが判明しました。「たのくら」(立川市錦学習館、10:00~12:00)の内容はヴェルディの次のオペラとなります。うっかりしていたので、急いで決めてご連絡します。

上記は、ダブルブッキングではありません(きっぱり)。問題は、前日21:00までいずみホールにいて、この日10:00に立川にいるという課題を、どうやって解決するかだけです。

したがって17日の18:30~20:00に、尊敬する安井耕一さんと、音楽のロマンを語り合うコンサートが入ります。シューベルト、メンデルスゾーン、シューマン、ブラームス、リストと並んだ曲目に、ロマンがいっぱいの格調高いピアノ演奏が聴けるはずです。こちらもぜひよろしくお願いします。

24日(土)は、懇親会で意気上がる朝日カルチャー横浜のモーツァルト講座。今回からピアノ協奏曲に入ります。ウィーン時代を採り上げるので、まずはその前史です。13:00~15:00。

28日(水)13:00~15:00は、朝日カルチャー新宿校のモーツァルト講座です。これは私の講座ではなく、海老澤先生に始まってリレーされてきたモーツァルト講座の最終回に出演するのです。タイトルはそのものずばり、「モーツァルト 最後の四年」としました。これが今年の仕事納めです。

何かをお気づきの方、いらっしゃると思います。どうぞご連絡ください。

11月のイベント2016年10月30日 09時02分46秒

10月はとても忙しく、たくさんの出来事があって、まだ報告し切れていません。先に、11月のご案内をしておきます。

公開イベントの最初は2日(水、および16日)の朝日カルチャー新宿のバッハ講座です。テーマは新録音の聴き比べ。今月、来月と4回を使って、《マタイ受難曲》をやります。冒頭合唱曲のみを比較から入るか、最初のコラールまでを含めて比較するか、迷っています。

5日(土)14:00から、上尾合同協会(埼玉)で、「ルターのコラールに基づくバッハのカンタータ」というテーマの講演(第2回)を行います。時節柄もあり、「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」を取り上げることにしました。これから準備します。

12~13日の週末は、中京大学名古屋キャンパスで、日本音楽学会の全国大会があります。期限までにエントリーし損なってしまったので、どういう形の参加にするか、いま考えています。

19日(土)は10:00から立川の「楽しいクラシックの会」。ヴェルディ《ファルスタッフ》の第2回です。

23日(水)はいずみホールで、今年のシューベルト企画その2《白鳥の歌》が開催されます。演奏はバリトン 三原剛さん、ピアノ 小坂圭太さんですが、前半にソプラノの佐々木典子さん(ピアノ 千葉かほるさん)が登場され、二重唱を含めて、幅広いプログラムを楽しんでいただけます。詳細はいずみホールのサイトで。14:00からです。

25日(金)は、府中アカデミー合唱団の練習にお邪魔してバッハ/モテット《イエスは私の喜び》についてお話しすることになっています。翌26日(土)13:00は、朝日カルチャー横浜校のモーツァルト講座で、テーマは《ジュピター交響曲》。終了後、懇親会を開きます。

いずれも、どうぞよろしくお願いします。

10月のイベント2016年10月02日 09時41分33秒

ご案内しようと思っているうちに10月に入り、1日(土)にセレモア武蔵野ホールのコンサートを終えました。今日2日(日)は、須坂にワーグナー《ジークフリート》の話をしに出かける直前です。遅れて申し訳ありません。ごく簡単に、あらましをご紹介します。

水曜日の朝日新宿校は、聖母マリアの企画が成立しませんでしたので、しばらく午後13:00からの講座だけになります。今季はバッハの最新録音を聴くシリーズで、5日、19日と、無伴奏ヴァイオリンをやります。

木曜日は早稲田中野校の「32歳のモーツァルト」を継続。6、13、20、27で一区切りになります。15:00~17:00です。

金曜日は國學院大学の日。土曜日はイベントの日です。8日(土)の「たのくら」は、ヴェルディ《ファルスタッフ》の1回目です(2回に分けてやります。10:00から)。15日(土)は、13:00から立川の朝日カルチャーセンター(駅ビル)で、バッハの《シャコンヌ》をさまざまな形でご紹介します。

23日(土)はいずみホールのバッハ・オルガン・シリーズです。ミシェル・ブヴァール氏の登場で《クラヴィーア練習曲集第3部》全曲。いずみホールのホームページで詳細をご覧下さい。

29日(土)の朝日横浜は、モーツァルトの交響曲探訪が、第40番ト短調に到達しました。13:00から。

いずみホールでは年間企画のシューベルト・シリーズが、いよいよスタートします。9日(日)にロータス・カルテットの《死と乙女》+弦楽五重奏曲があり、楽しみです。16日(日)には、富山のバッハ・アンサンブルからの招きで、《ロ短調ミサ曲》について講演します。

公の企画はこれだけだと思いますが、書き漏らしているものがありましたらお知らせ下さい。じつは今日の須坂も、昨日の夕方までうっかりしていたのです。罪滅ぼしに、これから行ってまいります!

9月のイベント2016年08月31日 17時56分26秒

3日(土)は、いずみホール年1回のオペラ。河原忠之さんの指揮で積み重ねてきたモーツァルト・シリーズの、《ドン・ジョヴァンニ》です。演出 粟國淳さん、キャストは黒田博さんのタイトルロール以下の豪華版、こちらをご覧下さい。http://www.izumihall.jp/schedule/concert.html?cid=1141&y=2016&m=9 澤畑恵美さんがドンナ・エルヴィーラ、石橋栄実さんがドンナ・アンナという振りに、どうやら工夫がありそうです。14:00からですのでお間違いなく。

4日(日)は全日本合唱コンクール埼玉大会の「大学職場一般部門」と「彩の国部門」。審査委員長をつとめます。

7日(水)、そして21日(水)が、朝日カルチャーセンター新宿校の定例講座です。10:00~12:00のワーグナー講座は《さまよえるオランダ人》の締めくくり。新旧の演出比較や、ピリオド楽器演奏の聴き比べなどを用意しています。13:00~15:00のバッハ・リレー演奏講座は、7日がカンタータ、21日が《ゴルトベルク変奏曲》。どちらも最新録音の紹介です。皆さんの反応も最近活発にいただけるので、楽しみです。

朝日新宿校ではもう一つ、単発のレクチャーコンサートがあります。サントリー・ブルーローズでの《冬の旅》で絶賛をいただいた田中純さん(バリトン)を京都からお招きして、「名バリトンは何でも歌う」と題して行います。バッハの部(カンタータ第82番のアリア)、ドイツ・リートの部、オペラの部(にわとこのモノローグ)、日本歌曲の部(松島音頭など)、歌謡曲の部(南の薔薇/少年時代)という超広いプログラムですが、どれもみな、お上手なのですよ。ピアノは久元祐子さんで、彼女の《ゴルトベルク》のアリアがスタートです。30日(金)19:00~20:30。ぜひぜひお出かけください。

10日(土)は14:00から広島大学公開講座『芸術と老年』というシリーズに出講します(広島県民文化センター)。「音楽で恵まれる加齢の福」というタイトルになっていますが、いかにも自分がやりそうなのが、割り切れないところです。どうなりますやら・・。

17日(土)は、10:00~12:00に立川で「たのくら」。ヴェルディ《オテロ》の第2回となります。

24日(土)13:00~15:00は、朝日カルチャーセンター横浜校のモーツァルト講座。三大交響曲に入ります。第39番変ホ長調を取り上げますが、この曲については最近考えがあるので、準備してお話しします。

29日(木)15:00~17:00から、早稲田エクステンションセンター中野校の秋シリーズが始まります。今回はモーツァルトで、タイトルは「32歳のモーツァルト~見直される『頂点』の年」。モーツァルトが最大数の作品を遺した1788年について、5週連続で講義します。第1回は、とりあえずその年までの生涯を概観します。

長々とすみません。どうぞよろしく。