7月のイベント2016年07月01日 07時44分41秒

少し旅の疲れが取れてきたかな、というところで、今月のご案内です。今月は、モーツァルト色が濃厚です。

2日(土)13:00~15:00 朝日カルチャーセンター横浜校のモーツァルト/交響曲講座。今月は《ハフナー》と《リンツ》について、曲の性格に分け入る形でご説明します。次が30日(土)で、《プラハ》(と第37番)がテーマになります。

6日、20日(水)10:00~12:00は朝日カルチャーセンター新宿校のワーグナー講座。時間をかけた《パルジファル》が終わり、残された《さまよえるオランダ人》を、オファーにより取り上げます。6日が総論、20日が序曲と第1幕です。

同じ6日、20日(水)の13:00~15:00は、同じ新宿校で、バッハのリレー演奏講座です。いろいろな曲を取り上げていましたが、その間に有名曲の新録音がいくつも出てきましたので、それらを特集します。今月は《ロ短調ミサ曲》で、ラーデマン、ガーディナー、ヘレヴェッヘを中心に取り上げます。

9日(土)10:30~12:30は、朝日カルチャーセンターの立川校(駅ビル内)で、モーツァルトの単発講座をやります。タイトルは「書き直される晩年」。新しい研究による通念の見直しを、要領よくまとめてお話ししたいと思っています。

16日(土)10:00~12:00は、「楽しいクラシックの会」(立川市錦学習館)のオペラ・シリーズで、ロッシーニ《セビリャの理髪師》第2回です。

23日(土)14:00~16:30は、日本モーツァルト愛好会で講演します。テーマは「モーツァルトはヘンデルから何を学んだか」。場所は芝公園の機械振興会館です。

「古楽の楽しみ」は11~14日です。あらためてご案内します。

重版出来!(ドラマではなく)2016年06月07日 13時46分39秒

クリストフ・ヴォルフ著、拙訳の『モーツァルト 最後の四年~栄光への門出』(春秋社)、6月10日付けで、第2刷の刊行に至りました。皆様のおかげです。ありがとうございました。

著訳者にとって、第2刷の刊行は、初版に生じた誤りを修正する、またとないチャンスです。万全を期すべく見直し、25ページに修正を入れました。修正にあたっては、刊行後何人かの方からいただいていたご指摘が役に立ちました。御礼申し上げます。とりわけ佐々木健一さんからは、細部まで読みを入れた上での慧眼のご指摘・ご助言をあまた頂戴しました。ご友情に、心から感動しております。

修正のうち、文言の改良や文章の調整については煩雑になりますので割愛させていただき、内容にかかわる誤りや必要なお知らせについて、以下に記述しておきます。

・断章自筆譜の見られるWebsiteが、春秋社のオフィシャルサイト内に設置されました。アドレスはhttp://www.shunjusha.co.jp/news/2016/sizenfu2016.htmlです。作成者である柴田文彦さんのプロフィールを、本の末尾に加えました。

・75ページの註40に「2690フロリーン」という高額の家賃が記されていますが、これはアルンシュタイン家の所有する所室全体に対するものです。そのうち四階の一部をモーツァルトが借りた、ということになります。

・193ページ、《レクイエム》キリエ・フーガの原曲は、《デッティンゲン・アンセム》HWV265です。これは影響の大きい間違いですので、春秋社のサイトでも掲載していただきました。私の責任であり、気づいたときには顔面蒼白になりました。申し訳ありません。初版お持ちの方、ぜひご修正ください。

・翻訳協力をしてくださった越懸澤麻衣さん、ご協力いただいた時点ですでに、東京藝大楽理科の助手であられました。お詫びして訂正します。

・文献表の脱落を補い、若干増補しました。第4章註138(ワーグナーの《魔笛》論)は、第三文明社の『ワーグナー著作集5』で参照できます。

以上、よろしくお願いします。

6月のイベント2016年05月31日 10時13分41秒

さあ6月だと思って起床したら、まだ5月31日なのですね。ほっとしたのは、6月のスケジュールが詰まっているからです。

1日(水)9:00 朝カル(と言われているようなので使いますね)新宿校ワーグナー講座《パルジファル》(ラングリッジ演出による第3幕を中心に)/13:00 バッハ・リレー演奏講座 オーボエとヴァイオリンのための協奏曲

5日(日)10:00 たのくら・オペラ・プロジェクト「ロッシーニ《セビリャの理髪師その1~名歌手の舞台》(立川市錦町学習館)

6日~10日 古楽の楽しみ/バロックの器楽曲をジャンルごとにご紹介します。オルガンを中心に、チェンバロ、リュートなど。

11日(土)13:30~18:00 藝術学関連学会連合第11回公開シンポジウム「ニュースを創り出すアートの力」(早稲田大学戸山キャンパス382号室)
ご案内はこちらです。http://geiren.org/index.html

12日(日)14:00 北とぴあ合唱フェスティバル講演:「古楽の時代と合唱の現代」(飛鳥ホール)

14日(火)~25日(土) 渡独

29日(水)9:00 朝カル新宿校 ワーグナー講座《パルジファル》最終回
/バッハ リレー演奏講座:イギリス組曲第3番

5月のイベント2016年05月06日 07時42分44秒

皆様、どんな連休を過ごされましたか。私は、4月の多忙で大混乱になっていた部屋を整えることに時間を使いました。予定の少ない連休に気がゆるみ、思ったほど能率が上がりませんでした。

さて、今月です。さっそく9日から「古楽の楽しみ」であることに気づきましたが、これは次話でくわしく。今月はバッハのヴァイオリン協奏曲特集です。

早稲田エクステンションセンター中野校の《ロ短調ミサ曲》講座、12日、19日(木)の15:00~17:00です。〈ニカイア信条〉以降が残っています。

朝日カルチャーは18日(水)が新宿校。ワーグナー講座(10:00~12:00)は《パルジファル》第3幕の第3回。バッハ・リレー演奏講座(13:00~15:00)はトリオ・ソナタ第2番、第5番です。6曲のトリオ・ソナタは、いま一番好きなオルガン曲です。横浜校は28日(土、13:00~15:00)。モーツァルト講座が、交響曲に入ります。今月は、ウィーン時代に至る成長を俯瞰します。

21日(土)は「たのくら」例会(立川、10:00~12:00)。オペラ・シリーズ、今回はウェーバー《魔弾の射手》です。その日は午後埼玉県の「教会音楽講習会」で、「ルターのコラールに基づくバッハのカンタータ」という話をします。カンタータ第38番を中心にする予定です。

【追加】
29日(日)の14:00~16:30、すざかバッハの会例会があります。ワーグナー企画/《ワルキューレ》その1(全2回)です。基本偶数月なのですが、来月ドイツに行きますので、今月に繰り上がりました。どうぞよろしく。

忘れていました!!2016年04月14日 06時58分06秒

3月31日にご案内した「4月のイベント」、重要なことを忘れていました。それは、早稲田エクステンションセンター中野校で行われる「至高のバッハ~《ロ短調ミサ曲》の世界」という、5回連続講座です。

昨日の夕方いただいた「明日よろしく」というメールでギャッと思い出しました(汗)。幸い、ダブルブッキングはありません!第1回は、今日、14日、15:00~17:00です。「ミサ曲の歴史と作品成立の経緯、〈キリエ〉について」というタイトルで行います。ガーディナー、ラーデマンの最新録音もご紹介します。以降、毎週木曜日の同じ時刻です。

やはり3月31日にご案内した16日(土)の湯河原町民大学のコンサート「なつかしい世界の歌、日本の歌」。女性の出演者が、秋葉京子さんから井坂惠さん(メゾソプラノ)に交代することになりました。当日券も出るようですので、近くの方、お出かけください。場所は湯河原観光会館大会議室、14:00からです。問い合わせ先は湯河原町社会教育課 0465-62-1125、当日は観光会館 0465-62-3761です。どうぞよろしく。

4月のイベント(修正あり)2016年03月31日 07時59分00秒

一ヶ月が速く過ぎ去るので、ご案内がいつも後手に回ってしまいます。

いきなりですが2日(土)15:30~17:30に、朝日カルチャー新宿校で、「美しい音楽とは」という講演をします。同校「美しさとは」シリーズの一環だそうです。具体例をもとに、一緒に考えていくというスタンスでやりたいと思います。ご興味のある方、お待ちしています。

朝日カルチャーの今月。新宿校の恒例水曜日は、6日と20日です。ワーグナー講座(10:00~12:00)が《パルジファル》の第3幕、バッハ・リレー演奏講座が《2声のインヴェンション》(6日)とカンタータ第4番(20日)です。

横浜校のモーツァルト講座は23日(土、13:00~15:00)。今季は交響曲を取り上げますが、《レクイエム》が終わっていないので、今月は《レクイエム》の後半を取り上げます。ご了承ください。

8日(金)はよみうり大手町ホールで「セレモア・チャリティーコンサート」の司会をしますが、これはすでに満席とか。9日(土)は東大和市のなかなか楽しいイベント「アンサンブル・フェア」の審査員。10日(土)は「楽しいクラシックの会」の例会です。たのくら・オペラ・シリーズの今月は、ウェーバーの《魔弾の射手》。会場(立川市錦町学習館)の都合で9:30~11:30になっていますのでお気をつけください(←自分に言っている)。〔←まだ《魔笛》が終わっていないぞという声あり。失礼しました。今月は《魔笛》の第3回、来月21日が《魔弾の射手》です。〕

聖心女子大の授業は11日から始まりますが、最後の授業になりますのでコアなテーマに帰り、「受難音楽の歴史」をやることにしました。

16日(土)には湯河原の町民大学で「なつかしい世界の歌、日本の歌」のコンサートをします。リートあり、オペラあり、歌謡曲ありの楽しみ企画。出演は秋葉京子、田中純、久元祐子の皆さんです。17日(日)は「すざかバッハの会」(14:00~16:30、須坂駅前シルキーホール)。もう少しでダブルブッキングになるところでした(汗)。ワーグナー・シリーズがいよいよ《リング》に入り、まずは《ラインの黄金》です。

「古楽の楽しみ」はアーノンクール追悼特集です。別途ご案内します。

今月のイベント2016年03月01日 23時55分24秒

恒例のご案内です。

朝日カルチャーセンター新宿校は水曜日。ワーグナー講座(午前)は2日、16日と、《パルジファル》第2幕を続けます。問題点の考究、ステージの比較などをします。バッハ講座(午後)は《ヨハネ受難曲》で、21世紀の諸録音を中心にご紹介します。明日の第1部は、バット、ノイマン(第2稿)、アレール、ユングヘーネル(第4稿)、ピエルロで構成することにしました。

5日(土)は「楽しいクラシックの会」です。午前中の例会が《魔笛》第2幕その1、同じ会場(立川市錦町学習館)で、午後14:00から「錦まつりコンサート」になります。最前ご案内した鈴木准さんの「テノールってすばらしい!」です。

12日(土)はイレギュラーですが、朝日横浜のモーツァルト講座(13:00~15:00)。《レクイエム》の〈セクエンツィア〉を中心に取り上げます。

18日(金)から21日(火)までの4日間、福島県合唱コンテストの審査員をします。実力伯仲の長丁場。身体がもつかな、と心配です。

26日(土)は、いずみホールで「藤原道山15th Anniversary『風雅竹韻』」というコンサートの司会を務めます。天才奏者藤原道山さんに、尺八の多様なアンサンブルを委嘱初演を含めて仕切ってもらう、ユニークなコンサートです。とても張り切ってくださっているので、どうぞご期待ください。

7日からの「古楽の楽しみ」は《マタイ受難曲》ですが、それについては次話で。

2月のイベント2016年02月09日 08時35分47秒

今頃のご案内ですみません。今月の私のスケジュールは視察が多く、東京を離れることもしばしばです。7日の日曜日は郡山に行き、「第1回オーケストラ・フェスティバル」なるイベントに出席しました(サントリー芸術財団・復興祈念賞のからみ)。小学校のオーケストラが6つ登場し、うち2つにコントラバスが5本並んでいたのに驚嘆。弦楽器育成の本気度を実感しました。

このところ不定期開催になっている朝日横浜校のモーツァルト講座、今月は13日(土)です。フリーメーソン・カンタータK.623をやってから《レクイエム》に入りますが、少し時間をかけて取り組むつもりです。

朝日新宿の方は隔週ですので、3日にすでに開催。17日(水)は、午前中のワーグナー講座が《パルジファル》の第2幕その1。バッハのリレー演奏講座が《3つのチェンバロのための協奏曲》です。もちろん、もろもろの復元を含めて扱います。

20日(土)は立川楽しいクラシックの会(たのくら)で、こちらは珍しく定時開催。「オペラの歴史」、グルックを終えましたのでモーツァルトに入ります。あれこれやっていると何年もかかってしまうので、《魔笛》一作に絞り、その代わりゆっくりやることにしました。

月末に、コンサートが2つ。いずみホールのモーツァルト・シリーズは、27日(土)に《レクイエム》で終了になります。前座は《小ト短調》交響曲。オーケストラはバーメルト指揮の大フィル、ウィーン楽友協会合唱団が来演するため、ソリストもそれにふさわしい布陣としました。詳細はこちらをご覧ください。http://www.izumihall.jp/schedule/concert.html?cid=942

28日(日)は、すざかバッハの会。例年12月にやっているコンサートが、今年度は2月開催になりました。11月に立川で好評だった「若さはつらつ!オペラの愉しみ」をベースにした企画ですが、後半の《タンホイザー》ハイライトにエリーザベトの〈殿堂のアリア〉が入り、いっそう充実しました。前半はヘンデルとモーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》の抜粋。出演は山口清子(ソプラノ)、近藤圭(バリトン)、久元祐子(ピアノ)の3人です。

今年は閏年なんですね。1日あると違います。

新年早々・・2016年01月07日 06時58分56秒

月初めに「今月のイベント」という記事を書きますが、メール等でまま、「曜日が違うぞ」「時間がずれているぞ」といったご指摘をいただきます。それはまずいので、今回はリンクを張り巡らし、正確を期しました。

ところが、やはり「違うぞ」趣旨のコメントをいただきました。具体的に言いますと、23日(土)が朝日カルチャーセンター横浜校のモーツァルト講座、30日(土)が新宿校のレクチャーコンサート(加藤昌則氏出演)と発表したところ、30日は横浜ですよ、という投稿をいただいたのです。

横浜校のモーツァルト講座は、第4土曜日。今月の当該日は23日で、私の手帳にも、23日の欄に横浜の講座が書き込まれています。あれ、もしかするとお正月を除いて数えるのかなと思い(今月は土曜日が5回ある)、横浜講座の23日をサイトで検索しました。すると私の講座が出てきたので一安心。横浜講座は23日で間違いない旨、お答えしました。

さて昨6日、新宿校に出講していると、担当者が、横浜校から電話があり、30日は横浜だとのことです、と言うではありませんか!

え~っと驚いた私は、そんな馬鹿なと思いつつ、ことの次第を探究してみました。その結果、思わぬ事態に突き当たり、愕然。つまり、23日の講座はいずみホールのコンサートとぶつかって延期した昨11月の補講であり、1月からの学期の第1回が、第5土曜日い設定されていたのです。そのことを手帳に書き忘れたわけですが、1月に2回ある、という発想はまったく浮かびませんでした。

これをダブルブッキングだと言われれば、否定しようがないですね。先日もある方から「礒山さんと同じようにダブルブッキングしてしまった」と告白され、「ほっとけ!」と思ったばかりなのですが・・。ともあれ、これに基づいて記述を訂正し、「3時に横浜で終わり4時に新宿で始まる」という綱渡りをどう実現させるか、検討します。もちろん、加藤さんとサックスの住谷さんがおられますので、お客様をただお待たせするようなことはありません。

皆様に正しい情報をお伝えするべきご案内が、私の勘違いを修正していただく場のようになっています。恐縮至極(汗)。しかしわかってよかったことは確かで、コメントをくださった野々垣さんに御礼申し上げます。

ヴォルフ『モーツァルト 最後の四年』ウェブサイト日本語版はこちらです。http://composed.webcrow.jp/

今月のイベント2016年01月05日 22時43分08秒

定例のご案内です。

第1、第3水曜日の朝日カルチャーセンター新宿校。ワーグナー講座(10:00~12:00)はいよいよ《パルジファル》に入ります。6日は、総論と前奏曲の分析で、第1幕の鑑賞に少しは入れれば、というところです。20日に、第1幕を進めます。バッハのリレー演奏講座(13:00~15:00)は、6日がバッハのモテット《主に向かって新しい歌をうたえ》、20日がパルティータ第2番ハ短調です。

11日からの「古楽の楽しみ」はバッハのカンタータ。これは別途ご紹介しましょう。16日(修正、土)に、いずみホールでバッハ・オルガン作品全曲演奏会の第8回。ヴォルフガング・リュプザム氏の登場です。「美しきかな、コラール」と題し、《シュープラー・コラール集》など、コラールに重点を置いたプログラムになっています。こちらをどうぞ。http://www.izumihall.jp/schedule/concert.html?cid=931

いずみホールのモーツァルト特集は、いよいよ三大交響曲。《29日(金)、指揮はガエタノ・デスピノーサ、オーケストラは日本センチュリー交響楽団です。http://www.izumihall.jp/schedule/concert.html?cid=1029

23日(土)の朝日カルチャーセンター横浜校モーツァルト講座(13:00~15:00)は、《魔笛》の第3回。第2幕フィナーレについて解説し、鑑賞します。デイヴィス指揮、コヴェントガーデンのすばらしい演奏がメインとなります。〔付記:同講座はイレギュラーですが30日にもあります。テーマは「クラリネット協奏曲と最後のフリーメーソン音楽」です。)〕

24日(日)は楽しいクラシックの会(立川錦町学習館)。オペラ・シリーズに入っていますが、今度は、先日「古楽の楽しみ」で展開したグルックになります。《オルフェオとエウリディーチェ》のウィーン版とパリ版を比較して取り上げるというのが、目下の計画です。いつもより30分早く、9:30~11:30となります。

27日(水)と30日(土)に、朝日カルチャーセンター新宿校のレクチャーコンサートがあります。「名テノールの歌うベルカントの真髄」が延期された結果、ここに集まってしまいました。27日については既報の通りですが(19:00~20:30、https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/ca620344-3b17-c36d-e639-55c2f15e4289)、30日(土)は、友人の作曲家・ピアニスト、加藤昌則さんとのコラボです。題して「名曲は即興から生まれる?」(16:00~17:30)。https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/f11a0475-004a-29ac-b532-56388d57e222。加藤さんお得意の即興演奏、バッハの解剖、サキソフォン奏者を招いてのオリジナル作品演奏など、盛りだくさんです。客席との交流もありますので、ふるってお出かけください。

『モーツァルト 最後の四年』ウェブサイト日本語版はこちらです。http://composed.webcrow.jp/(しばらくご案内させてください)